ファイナルは青森山田vs.近江! 2大会ぶり優勝か、初戴冠か【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2024年01月06日

決勝は国立で14時5分にキックオフ

ファイナルで対峙する青森山田(上)と近江(下)。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)、鈴木颯太朗

画像を見る

 1月6日、第102回全国高校サッカー選手権の準決勝2試合が国立競技場で開催。青森山田、近江が勝利し、ファイナルに駒を進めた。

 青森山田は市立船橋と対戦。11分に小泉佳絃のゴールで先制し、79分に太田隼剛に決められて同点に。1-1で迎えたPK戦では、2本を止めたGK鈴木将永の活躍もあり、4-2で制した。
【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新19代目の藤﨑ゆみあまで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!
 近江は堀越に3-1で勝利。前半に鵜戸瑛士、山門立侑、金山耀太が得点。終了間際に中村健太のPKで失点も、そのまま逃げ切った。

 青森山田は2大会ぶりの優勝、近江は初戴冠を目ざす決勝戦はどんな戦いとなるか。注目必至の大一番は1月8日、国立で14時5分にキックオフ予定だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】全国高校サッカー選手権大会19代目応援マネージャーの藤﨑ゆみあさんも登場!全力の笑顔で入場行進!

「高校の試合はまるでプロ」海外記者がハイレベルな選手権に驚愕!「日本は今、間違いなく最高のサッカー国だ」

中村俊輔、中田英寿、本田圭佑...なぜ選手権から多くの“スター選手”が生まれた? 印象深いのは桝太一アナウンサーの言葉
 
【関連記事】
「監督、前田ってあの前田かよ!」近江の快進撃にエスパ時代の元同僚が祝福! 野洲で全国制覇の乾貴士も注目「つよー」【選手権】
「ブラジルに見えてきた」“ビー・パイレーツ”近江の波状攻撃に元日本代表も感嘆!「勇敢そのもの」「テンポが良い」【選手権】
「高校の試合はまるでプロ」海外記者がハイレベルな選手権に驚愕!「日本は今、間違いなく最高のサッカー国だ」
中村俊輔、中田英寿、本田圭佑...なぜ選手権から多くの“スター選手”が生まれた? 印象深いのは桝太一アナウンサーの言葉
「これってゴール?」青森山田の“ロングスロー弾”に反響「判定は理解できる範囲」「キーパーの安全が保証されるべき」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ