• トップ
  • ニュース一覧
  • 「考え直したのは...」ボトムアップ方式の堀越を牽引!キャプテン中村健太が大きな責任を全うするためにしたことは?【選手権】

「考え直したのは...」ボトムアップ方式の堀越を牽引!キャプテン中村健太が大きな責任を全うするためにしたことは?【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2024年01月07日

「自分の言葉遣いや、もっと周りの意見を聞いて」

主将として堀越を牽引した中村。写真:田中研治(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[高校選手権 準決勝]近江(滋賀) 3-1 堀越(東京A)/1月6日/国立

 第102回選手権の準決勝で、堀越は近江と対戦。前半に3失点を喫し、終了間際に1点を返したものの及ばず、1-3で敗れた。

 最後の最後に一矢を報いたのがMF中村健太だ。90+4分、味方が獲得したPKをきっちりと決めてみせた。

 キャプテンの中村は試合について「相手に飲まれて、やりたいサッカーができていなかった」と悔しがる。自分のプレーも出し切れなかった。「プレーでみんなを引っ張るのが、あんまりできていなくて。身体的にはやり切った感じはありますけど、心の中では『本当にこれで良かったのか』というのはあります」。

 戦術や選手起用を選手たちが決める“ボトムアップ方式”に取り組んでいる堀越で、キャプテンという重責を担った中村。佐藤実監督は「うちでキャプテンをやるやつは、相当の覚悟がないとできない」と表現する。

 中村にとって、簡単な一年ではなかった。サッカーをしている時以外は厳しかったと振り返り、「『なんで俺、キャプテンをやってるんだ?』と、放り出したくなりました」と明かす。
【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新19代目の藤﨑ゆみあまで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!
 それでも、投げ出さなかった。「先のことを考えて、自分がこの後、サッカーで結果を残していかなかったら、自分に何が残るんだろう」と考え、チームメイトと目標を共有した。

 試行錯誤の日々だった。

「めちゃくちゃ良いキャプテンかと言われたら、そうじゃないと思います。自分の描いたチームに近づけるために、強く言う時もあります」

「考え直したのは自分の言葉遣いや、もっと周りの意見を聞いて、周りがどうしたいのか、それによって、チームはどう影響が出るのかをめちゃくちゃ考えた」

 堀越での3年間は貴重な時間だった。「ここを選んで良かった。サッカーに対して本気になれる」と殊勝に語った。

取材・文●野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

ファイナルは青森山田vs.近江! 2大会ぶり優勝か、初戴冠か【選手権】

まともにやったら青森山田に勝てない。その思い込みを見事に砕いてくれた市立船橋の粘り強さ【選手権】

【PHOTO】全国高校サッカー選手権大会19代目応援マネージャーの藤﨑ゆみあさんも登場!全力の笑顔で入場行進!
【関連記事】
「健太を信頼しているからこそでした」堀越MF吉荒開仁はHT交代にも悔いなし。“ボトムアップ”による人間的な成長も明かす【選手権】
「監督、前田ってあの前田かよ!」近江の快進撃にエスパ時代の元同僚が祝福! 野洲で全国制覇の乾貴士も注目「つよー」【選手権】
「堀越さんの映像を朝方まで観まして」「いきなり決まって、びっくりして」近江の前田監督がユーモアを交えた回答で記者団の笑いを誘う【選手権】
まともにやったら青森山田に勝てない。その思い込みを見事に砕いてくれた市立船橋の粘り強さ【選手権】
「高校の試合はまるでプロ」海外記者がハイレベルな選手権に驚愕!「日本は今、間違いなく最高のサッカー国だ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ