【広島インタビュー】背番号10を継承した浅野拓磨。「最初に『10番どうだ?』と話を頂いた時はお断りしたんです」

カテゴリ:Jリーグ

小田智史(サッカーダイジェスト)

2016年03月09日

「広島の10番はストライカーの伝統と歴史が詰まった番号。自分もその系譜に続きたい」

今季はゼロックス杯で1ゴール。冷静にPKを沈めた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

リオ五輪予選の決勝で2ゴールを挙げ、"ジャガーポーズ"で喜びを爆発させた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 リオ五輪予選の決勝でチームを優勝に導く2ゴールを挙げ、所属クラブの広島では今季から10番を背負ってプレーする。順調に成長の階段を上っている浅野拓磨はしかし、クラブから提示された”10番就任”に対して、初めは消極的だったという。
 
 その理由とは、果たして? 本格的なブレイクが期待される広島の”ジャガー”が、10番への想いの変化や、今季の目標について語ってくれたインタビュー(『サッカーダイジェスト3月10日発売号』掲載予定)の一部を、先行してお届けしよう。
 
――◆――◆――◆――
 
――ついに新シーズンが開幕しました。リオ五輪最終予選(U-23アジア選手権)の突破と優勝で、浅野選手の注目度は例年以上に高いと思います。自分でも反響を感じますか?
 
 想像以上ですね。(予選の)試合は日本で夜遅い時間だったにもかかわらず、たくさんの人が見てくれていて、一緒に喜んでくれました。
 
――改めて、五輪予選でのプレーに対する自己評価は?
 
(決勝の)韓国戦で2ゴールを取って、気持ち良く日本に帰ってくることはできましたけど、準決勝までゴールを取れなくて、悔しさの残る大会でした。チームメイトの活躍が刺激になりましたし、自分ももっと成長しないといけない。五輪出場が懸かったプレッシャーの中で戦えたことも含め、今後のサッカー人生にプラスになる経験ができたと思います。
 
――決勝の韓国戦でも披露した”ジャガーポーズ”のリクエストがサポーターから殺到していると伺いました。
 
『浅野』よりも『ジャガー』のほうが広まっているんじゃないかっていうくらい、『ジャガーポーズしてください!』と言われます(笑)。
 
――その時はどのように対応を?
 
 やりますよ。たくさんの人に応援してもらえるのは選手冥利に尽きるし、覚えてもらうきっかけにもなりますから。冷静に考えると、ゴールパフォーマンスだけをやるってあまり聞いたことがないですよね(笑)。今はジャガーポーズのイメージが先行してしまっている部分も否めないので、プレーでも覚えてもらわないといけないと思います。
【関連記事】
【広島】同僚に「神」と言わしめる佐藤寿人の金字塔。メモリアルゴールに凝縮された「嗅覚」と「ストライカーの矜持」と「ライバル心」
【なでしこ|北朝鮮戦プレビュー】現体制ラストゲーム!? 勝利で大会を締め括れるか
【浦和】柏木陽介が語る「歴代最強の10番 」。中村俊輔、本山雅志、そして“あのストライカー”
【広島】宮原和也がこだわりのボランチで得た手応え。「攻撃につながるパスを出せたら、自分の可能性は広がってくる」
【広島】王者の“宿命”にどう立ち向かうか。「中央の連係」を見出せずして連覇はない
【日本代表】“絶好調男”小林が生き残りへ猛アピール。ハリルジャパンのやり方は川崎に似ている? 「ミーティングの長さも気になりませんでした」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ