• トップ
  • ニュース一覧
  • 「79分やっていても最後の1分でサッカーは変わっちゃう」後半アディショナルタイムの劇的PKで決勝弾。佐賀東が丸岡との激闘を制す

「79分やっていても最後の1分でサッカーは変わっちゃう」後半アディショナルタイムの劇的PKで決勝弾。佐賀東が丸岡との激闘を制す

カテゴリ:高校・ユース・その他

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2023年12月29日

サッカーの難しさを痛感させられたゲーム

激しい攻防となった佐賀東と丸岡の一戦。大島(8番)のシュートは惜しくもゴールにならなかったが、見応えはあった。写真:早草紀子

画像を見る

 2023年12月29日に開催された第102回全国高校サッカー選手権大会の1回戦。味の素フィールド西が丘で行なわれたのは丸岡と佐賀東の一戦だ。

 立ち上がりから主導権を握ったのは丸岡だった。とにかく前へと進むスタイルで敵陣に進入し、ボールがタッチラインを割ればDF大藤航輝のロングスローからチャンスを演出。怒涛の攻撃で佐賀東を追い込んでいった。

 なかなかボールを握れない佐賀東はそれでもカウンターから反撃。16分にはMFでキャプテンの宮川昇太が強引かつスピーディなドリブル突破からゴール前に切り込み、味方のシュートに結び付けて決定機を作り出す。

 20分以降も試合展開は大きく変わらない。敵陣に素早くボールを運んで圧力をかける丸岡、速攻からあわやというシーンを創出する佐賀東。両校のスタンスがはっきりと見える前半だった。

 後半も激しい攻防となった。前半ほど丸岡イレブンの動きが軽快ではなく、佐賀東がボールを繋ぐシーンが増え、主導権を奪い合う展開となったのだ。57分に丸岡が絶好機を掴めば、66分には佐賀東が決定機を作るなど、両チームの勝利への執念を感じさせる戦いが続いた。
 
 そして、最後の最後にドラマは待っていた。後半のアディショナルタイム、佐賀東の江頭瀬南がエリア内でファウルをもらうと、それで得たPKを自らゴール右隅に蹴り込んで決勝点を奪ったのだ。ちなみに、PKのキッカーについて蒲原晶昭監督は「私は決めていません」と言った。選手自身の判断でもぎ取ったゴールでもあった。  

 劇的な幕切れとなった一戦のあと、丸岡の小阪康弘監督はこうコメントした。

「(前半からのプレッシングは)よくやったと思いますが、79分やっていても最後の1分でサッカーは変わっちゃうので、そこが難しいです」

 確かに、サッカーの難しさを痛感させられたゲームでもあった。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

【選手権PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新19代目の藤﨑ゆみあまで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!

【選手権】川崎内定ストライカーやU-17W杯で大活躍のシンデレラボーイなど! 今大会の注目プレーヤーを一挙紹介!~FW編

中村俊輔、中田英寿、本田圭佑...なぜ選手権から多くの“スター選手”が生まれた? 印象深いのは桝太一アナウンサーの言葉
【関連記事】
「日本の高校が神戦術を披露」11人の壁に対し、7人のキッカーが縦並び!選手権で話題の“珍しい間接FK”が中国で反響!「初めて見た」【2023総集編】
【高校サッカー勢力図】あなたの出身地は何位? 2023選手権出場プレーヤー・出身都道府県ランキング! 東京を抑えて1位となったのは...
“4戦4発”の中村敬斗、三笘負傷で左サイドのスタメン候補に!高まる期待にも本人は「考えてないです」
「歴代最高の右SB」内田篤人から毎熊晟矢は何を学ぼうとしているのか【日本代表】
A代表初選出の野澤大志ブランドンがロールモデルコーチの内田篤人とランニング中に交わした会話とは?【日本代表】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ