「歴代最高の右SB」内田篤人から毎熊晟矢は何を学ぼうとしているのか【日本代表】

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2023年12月28日

内田はロールモデルコーチとして帯同

ミニゲーム形式の練習でアグレッシブなプレーを見せていた毎熊。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2023年12月28日、日本代表が元日のタイ戦に向けて始動。千葉県内で全体トレーニングを行なった。この日は体調不良の上田綺世、別メニューの浅野拓磨と伊藤洋輝、未合流の鈴木彩艶、谷口彰悟、町田浩樹、伊藤涼太郎を除く16名でミニゲーム形式のトレーニング、PK練習などをこなした。

 ミニゲーム形式のトレーニングでアグレッシブなプレーを見せていたひとりが毎熊晟矢で、このサイドバックは練習後の囲み会見で「ここでアピールして、アジアカップのメンバーに選ばれるよう頑張りたい」とコメントしている。

 今年はセレッソ大阪の一員としてプレーしつつ、日本代表に選ばれ、Jリーグのベストイレブンに選ばれるなど激動の1年だった。

「日本代表に入ったことで自分の中で色々なものが変わりました。ただ、1年間通して自分の中ではもっとやらないといけない気持ちのほうが強かったです。今回の合宿から来年に向けて成長できるよう、課題を克服していきたいです」
 
 12月28日から30日の代表練習にはロールモデルコーチとして内田篤人と中村憲剛が帯同。かつて鹿島やシャルケで活躍した右サイドバックの内田から、毎熊は何を学ぼうとしているのか。

「(内田は)歴代最高の右サイドバックです。(接する)機会はそうないので、特にポジショニングだったり、立ち位置の部分で考えていることとか、そのあたりを聞いてみたいです」

 日本代表に定着しつつある毎熊。内田から色んなものを吸収することで、さらなる飛躍を遂げられるか。まずは元日のタイ戦で存在感を示したい。

取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)


日本代表、タイとの元日決戦のスタメンはどうなる? ほぼベストと予想。注目の2列目は“フランス勢トリオ”か

招集メンバー23人のうち過半数の14人がキャップ数10以下。比較的フレッシュな顔ぶれで臨む元日タイ戦で注目したい日本代表戦士は?【熟練記者の見解】

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!
【関連記事】
タイ戦に臨む日本代表の背番号が発表!初選出の伊藤涼太郎は7番、注目の10番は?
「彼なしではタイトルは獲れない」躍動する遠藤航を英紙が絶賛!“異例の契約”を称える「なぜクロップが高齢の選手にカネを払ったのか今なら明らかだ」
「日本は、韓国と私のライバルだ」クリンスマン監督がアジアカップ優勝に意気込み。森保Jと「決勝で対戦することを希望する」
ロールモデルコーチとして中村憲剛&内田篤人が日本代表練習に登場。大先輩との再会に板倉滉の反応は?
日本代表DF板倉滉、“相棒”冨安健洋の離脱に言及「誰が出ても同じようなパフォーマンスを出さなきゃいけない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ