• トップ
  • ニュース一覧
  • 「日本の高校が神戦術を披露」11人の壁に対し、7人のキッカーが縦並び!選手権で話題の“珍しい間接FK”が中国で反響!「初めて見た」【2023総集編】

「日本の高校が神戦術を披露」11人の壁に対し、7人のキッカーが縦並び!選手権で話題の“珍しい間接FK”が中国で反響!「初めて見た」【2023総集編】

カテゴリ:高校・ユース・その他

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年12月29日

バックパスをGKがキャッチし間接FK

11人の壁を作る東山(赤)に対し、作戦を練る日体大柏(青)。写真:田中研治

画像を見る

 今年も残すところあと3日となった。本稿では、2023年のサッカー界における名場面を『サッカーダイジェストWeb』のヒット記事で振り返る。今回は、高校生が繰り出した驚きのセットプレーの記事を再掲する。

記事初掲載:2023年1月6日

―――◆――◆―――

 高校サッカー選手権の中で生まれた“珍しいプレー”が、中国でも反響を呼んでいる。

 1月4日に浦和駒場スタジアムで行なわれた準々決勝、東山(京都)が日体大柏(千葉)をPK戦の末に破った一戦だった。スコアレスで迎えた後半35分、東山のGKが味方の蹴ったボールをクリアと判断してキャッチ。しかし、バックパスと判定され、ペナルティエリア内のペナルティスポットよりゴールに近い位置で日体大柏に間接FKが与えられた。

 11人全員がゴールライン上に立つ東山に対し、日体大柏は誰が蹴るのかを迷わせるため、7人が縦に並んで次々に走る形を採用。1、2人目はボールをまたぎ、3人目のMF植木笙悟がわずかに触って後ろにパスを出し、4人目の主砲オウイエ・ウイリアムが左足でシュートを放ったが、相手にブロックされた。

【動画】「これは珍しい!」など中国で反響! 海外でも話題を呼んでいる日体大柏の珍しい間接FK
 
 このプレーを取り上げた中国のウェブサイト『懂球帝』は「日本の高校選手権で神戦術が披露、ペナルティエリアでのフリーキックは無得点」と伝えた。

 また、中国のサッカーファンからは「これは珍しい!」「こんなシーン初めて見た」「ペナルティエリア内でのFKを見たのは何年ぶりだろう」「もっと高く蹴ったらよかったのに」といった声があがっている。

 日本の高校生のアイデアに驚嘆したファンも少なくなかったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「ホンマにすごい武器やわ」選手権の開幕戦、ロングスローで広島国際学院が追加点!「トレンドだね」「今大会も大流行しそう」の声
 
【関連記事】
「これってゴール?」青森山田の“ロングスロー弾”に反響「判定は理解できる範囲」「キーパーの安全が保証されるべき」
「ホンマにすごい武器やわ」選手権の開幕戦、ロングスローで広島国際学院が追加点!「トレンドだね」「今大会も大流行しそう」の声
中村俊輔、中田英寿、本田圭佑...なぜ選手権から多くの“スター選手”が生まれた? 印象深いのは桝太一アナウンサーの言葉
「中国超級リーグを完全に圧倒した」高校選手権のクオリティと運営面に中メディアが驚愕!「日本の高校の大会に負けないように、我々も…」【2023総集編】
「川口春奈つよい」高校選手権の“歴代応援マネージャー動画”が大反響!「ガッキー最強やん」「確かに豪華」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ