【J1】中村俊輔が直接FKで21点目! 自身が持つ”J1直接FKゴール数”を塗り替え、アウェー福岡戦をドローに持ち込む

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年03月05日

「芝が硬くて足首が入らないので、ちょっと強めに蹴ったのが良かった」(中村)

鮮やかな直接FKで同点弾を決めた中村(10番)。抜群の精度を誇る左足は、衰える気配がない。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 J1リーグ・2節は3月5日、各地で5試合が開催された。19時キックオフの試合では、横浜OBの井原監督率いる福岡が、古巣・横浜をホームに迎え撃った。
 
 試合は開始早々の6分に動いた。先制したのは福岡だ。左サイドで得たFKのチャンスを活かし、末吉のクロスをウェリントンがヘッド。元日本代表CB中澤のマークをものともしない力強さを見せつけ、福岡のブラジル人エースが2試合連続ゴールをマークした。
 
 貴重な先制点を得た福岡は、持ち味とする堅守で横浜の攻撃を凌ぎ、そのまま1-0で前半を折り返した。
 
 後半は、横浜が圧倒的にボールをキープし、福岡が守備に回る展開が続く。とりわけ、後半開始から出場した横浜の仲川がアクセントになり、右サイドから崩しにかかった。
 
 そして、81分。横浜の背番号10が眩い輝きを放つ。エリア付近で得たFKのチャンスで、中村が左足を一閃。絶妙にコントロールされたシュートはニアポストをかすめ、鮮やかにネットを揺らした。
 
 中村はJ1新記録となる21点目の直接FK弾。「芝が硬くて足首が入らないので、ちょっと強めに蹴ったのが良かった」と独特の感覚でゴールを振り返った。
 
 これで同点に追いついた横浜は、その後も猛攻を仕掛ける。しかし、追加点は奪えずに、1-1で試合は終了した。
 
 福岡、横浜ともに、今季J1で初の勝点1を獲得。横浜の中村は試合後、「次勝ちます」と語った。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月9日号
    4月25日発売
    さらば平成──
    日本サッカー激動の30年史
    厳選20クラブヒストリーに
    巻頭では小野伸二が登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ