• トップ
  • ニュース一覧
  • 「本来の調子からはほど遠い」戦線復帰した三笘薫の状態にブライトン番記者は懸念「しばらく極上の質を証明できていないが...」【現地発】

「本来の調子からはほど遠い」戦線復帰した三笘薫の状態にブライトン番記者は懸念「しばらく極上の質を証明できていないが...」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

リッチー・ミルズ

2023年12月03日

グループステージ最終節で首位通過を懸けてマルセイユと対戦

AEKアテネ戦で戦線に復帰した三笘。(C)Getty Images

画像を見る

 ブライトンはAEKアテネを1-0で下してヨーロッパリーグのグループステージ突破を決めた。ロベルト・デ・ゼルビ監督率いるイレブンは、苦しみながらも、数的不利に陥ったAEKを退けることに成功。クラブにとって歴史的な瞬間が訪れたのだった。

 11月30日、AEKの本拠地OPAPアリーナで行われた第5節。55分にジョアン・ペドロがPKで決めた1点を守り切り、これにより欧州カップ戦初参戦ながら、ブライトンはグループステージ突破を決めたのである。

 しかし勝利にたどり着くまで、シーガルズ(ブライトンの愛称)は厳しいバトルを強いられた。特に前半は、立ち上がりこそ悪くなかったものの、その後は主導権を常に握られる状態が続き守勢となった。だが65分にAEKのMFミヤト・ガチノビッチがこの日2回目のイエローカードを受けて退場処分となり、数的有利になったのにも救われた。
 
 それでもホームチームの勢いは止まらず、パフォーマンスのみを見れば、90分間を通じて、イングランド南部のクラブが勝った部分はほぼなかったと思える。そういっても過言ではない。だがこの貴重な勝点3を奪ったことで、今月14日のグループステージ最終節で首位通過を懸けて、マルセイユと戦う舞台に上がる権利を勝ち取ったのだった。

 この試合で、日本中のサッカーファンの期待を一身に背負う三笘薫が復帰した。3-2で勝利した前節のプレミアリーグ、ノッティンガム・フォレスト戦を欠場。さらにそれ以前のインターナショナルウィークも、けがにより日本代表から途中離脱。久々の実戦となった。

 そんな状況でも、日本のエースは開始から90秒でいきなり実力を発揮した。左サイドでボールを受けた三笘は、周囲の動きをしっかり見て前線にスルーパスを送る。このボールに、アイルランドが誇る若きストライカー、エバン・ファーガソンが反応。タイミングよく飛び出してペナルティーエリア左へ侵入し右足でシュートを放ったものの、AEKの守護神、シカン・スタンコビッチに惜しくも弾き出された。
【動画】三笘が復帰後ファーストプレーで絶妙スルーパス
 直後には、敵DFのドマゴイ・ヴィ―ダのミスからラッキーなゴールが生まれそうになったものの、再びスタンコビッチにセーブされ、シーガルズの先制点にはつながらなかった。
 
【関連記事】
「ソン・フンミンと比較されるほどだったが、2か月以上沈黙」三笘薫の“不調”に韓国メディアが注目「契約を更新した後は静かだ」
「最もお気に入りはミトマだ」ビルバオFWの契約延長で獲得困難のバルサ、“本命”は三笘薫に変更と地元メディア報道!「日本のアイドル」
「もし彼とプレーしたら気が狂う」「長所はなんだ?」マンUの155億円FWをレジェンドOBが酷評!三笘薫との“違い”を指摘!「ブライトンは270ポンドで...」
「イライラしている」ブライトン指揮官が指摘した三笘薫の課題は?「スペースがある時は世界最高のウインガーの一人だが...」
「ドリブルが注目されがちですけど...」冨安健洋が明かすマッチアップした三笘薫の“凄さ”「常に背後を狙われている」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ