• トップ
  • ニュース一覧
  • 「あまり彼はしゃべらない」佐野海舟、堂々の代表デビューの裏にあった“鹿島ファミリーの絆”「優しく話しかけてくれた」

「あまり彼はしゃべらない」佐野海舟、堂々の代表デビューの裏にあった“鹿島ファミリーの絆”「優しく話しかけてくれた」

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年11月17日

「緊張感することもなく、うまく入れた」

ミャンマー戦で初キャップを刻んだ佐野。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 堂々デビューの裏には、“鹿島ファミリー”の絆があった。

 11月16日、森保ジャパンがミャンマーを5-0で粉砕した北中米ワールドカップ・アジア2次予選の初戦で、初キャップを刻んだのが鹿島アントラーズのMF佐野海舟だ。

「多くボールを触って馴染もうと意識した。課題はありますけど、まずは良かったかなと思います」という言葉通り、入ってすぐに「自分の武器」というボール奪取を披露。ミドルシュートやボックス内に入り込む動き、迫力ある持ち上がりで攻撃面でもインパクトを残した。

「あんまり彼はしゃべらない」という守田英正の言葉よろしく、コミュニケーションが得意なほうではない。「これまで絡んだ選手はいない」という状況のなか、気遣ってくれたのは元鹿島の選手たちだった。
 
「アヤセ君(上田綺世)やマチ君(町田浩樹)が鹿島出身なんで、優しく話しかけてくれた。すごく助かりました。これから頑張って馴染んでいければ」

 今季からFC町田ゼルビアから鹿島に加入した佐野は、現在はそれぞれフェイエノールトとユニオン・サン=ジロワーズでプレーする2人と、一緒にプレーしたわけではない。それでも、鹿島の後輩を気遣ってくれたのだ。
【動画】上田綺世のハットトリック達成弾
「緊張感することもなく、うまく入れた。チャレンジする気持ちを常に持ってやってたんで、ミスはありましたけど、今後に繋がるかな」

 後半頭からピッチに立った時、前方には上田、後方には町田がいた。心強い先輩たちの助けを借りながら、現・鹿島の柴崎岳がかつて日本代表で背負った「7番」をつけ、22歳が躍動した。

取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【日本5-0ミャンマー|採点&寸評】難しいアジア予選初戦で圧勝スタートも、力の差を考えて7点台は2人のみ。MOMは文句なしでハット達成の9番
 
【関連記事】
「なんでもできる」「職人ぽい」上々デビューの佐野海舟を守田英正はどう評した? 記者陣を爆笑させた一言「嫌なんですけど(笑)」
【日本5-0ミャンマー|採点&寸評】難しいアジア予選初戦で圧勝スタートも、力の差を考えて7点台は2人のみ。MOMは文句なしでハット達成の9番
GKを代える余裕があるなら...“最後の交代枠”で起用してほしかった日本代表戦士
「サッリよ、カマダのクオリティを見たか」出番激減でも躍動した鎌田大地。冷遇するラツィオ指揮官に目にして欲しかったミドル弾以外のワンプレー
「びっくりした」“緊急招集”の鹿島MF佐野海舟が“日本代表初選出”の心境を明かす! 一番の武器は「ボールを奪うところ」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ