GKを代える余裕があるなら...“最後の交代枠”で起用してほしかった日本代表戦士

カテゴリ:日本代表

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年11月17日

短時間だけミャンマー戦に出るのは可能だったはず

森保監督が最後に投入したのはGKの前川だった。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本代表を率いる森保一監督は、たとえフレンドリーマッチであっても勝負にこだわる。

 例えば、9月のトルコ戦で、3-0から3-2に追い上げられた際、ベンチスタ―トだった三笘薫を投入する準備をさせていた。

 ただ、いよいよ送り出そうとしたその時に、伊東純也がPKを獲得。これを自ら決めて4-2になったため、ブライトンのアタッカーの交代を取りやめた。勝敗にこだわっていなければ、ほぼ使うつもりがなかった三笘を準備させる必要はない。

 言うまでもなく、公式戦であれば尚更だ。北中米ワールドカップ・アジア2次予選の初戦となった11月16日のミャンマー戦でもそうだった。

 ミャンマーより手強い21日のシリア戦(サウジアラビアで開催のアウェーゲーム)に向けて、伊東純也、久保建英、遠藤航、守田英正(67分から途中出場)、冨安健洋、菅原由勢ら主力をごっそり温存したのだ。

 正直、ここまでミャンマー戦とシリア戦のメンバーをくっきり分けるとは思っていなかった。交代策も、佐野海舟、渡辺剛、細谷真大と追加招集組を送り込み、主力を休息させている。

【動画】鎌田大地の強烈なミドル弾!
 驚きだったのは81分だ。最後となる5人目の交代枠で、GKを大迫敬介から前川黛也にスイッチしたのだ。後者はこれが代表デビューとなった。

 相手がシュートゼロで、ほとんどボールを支配しているなか、GKを交代させるのはほとんど意味がない。メリットは「雰囲気や緊張感を味わえる」ぐらいか。実際、前川は一度もボールに触れていない。

 ある意味で、勝負にこだわる森保監督らしからぬ采配と言ってもいいかもしれない。その余裕があるのであれば、使ってほしかった選手がいる。伊東だ。

 キックオフ前のスタメン発表の時には、控えにもかかわらず、久保と同じく大歓声を浴びていたスピードスターは、日本代表でのコンスタントな活躍も相まって人気が高い。「ファンが見たい選手」のひとりだ。

 そのうえ、練習を見ても疲れを感じさせずに状態が良かった。短い時間だけミャンマー戦に出て、シリア戦に先発するのは可能だったはずだ。

 そのシリア戦はまだテレビ放送が決定していない。この状況のままなら、日本のお茶の間で伊東や久保、冨安らのプレーが見られない。であれば、せめて5分でも伊東をピッチに立たせて欲しかった。

 試合後の取材エリアに響き渡ったのは、チームバスに乗り込む伊東に対する、「ジュンヤー」という大声援だった。

取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

「なんでもできる」「職人ぽい」上々デビューの佐野海舟を守田英正はどう評した? 記者陣を爆笑させた一言「嫌なんですけど(笑)」
 
【関連記事】
「なんでもできる」「職人ぽい」上々デビューの佐野海舟を守田英正はどう評した? 記者陣を爆笑させた一言「嫌なんですけど(笑)」
【日本5-0ミャンマー|採点&寸評】難しいアジア予選初戦で圧勝スタートも、力の差を考えて7点台は2人のみ。MOMは文句なしでハット達成の9番
「あくびが出るほど退屈」再び日本に惨敗を喫したミャンマー、ファンは落胆「サッカーを教えられている」「またしても被害に遭った」
「サッリよ、カマダのクオリティを見たか」出番激減でも躍動した鎌田大地。冷遇するラツィオ指揮官に目にして欲しかったミドル弾以外のワンプレー
ミャンマー戦は日常より遥かに緩い戦場に...。主力を温存するなら、せめて欧州からサウジへ直行させれば良かった

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ