• トップ
  • ニュース一覧
  • 【マドリード・ダービー|採点&寸評】チームとしての点の取り方が見えないR・マドリーとプラン通りに勝利したA・マドリー

【マドリード・ダービー|採点&寸評】チームとしての点の取り方が見えないR・マドリーとプラン通りに勝利したA・マドリー

カテゴリ:ワールド

内藤秀明

2016年02月28日

敗れたR・マドリーだが、DF陣には概ね及第点が与えられる。

(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

【レアル・マドリー|チーム&監督 採点&寸評】
チーム 5
時折、個の力で強引にチャンスを作ることはあっても、チームとしてA・マドリー相手からどのように点の取るのかというプランを一切感じることができなかった。また失点シーンでは、明らかにチーム全体の帰陣が遅かった。
 
監督 ジネディーヌ・ジダン 5
エゴの強い選手をまとめきれず、勝つためのプランも見えず。采配も、決して褒められるものではなかった。
 
【レアル・マドリー|選手採点&寸評】
GK
ケイラー・ナバス 6
足元の技術は不安定だったが、セービングはさすが。彼のせいで失点したわけでも、負けたわけでもない。
 
DF
15 ダニエル・カルバハル 6
前半は、攻撃面でハメスをうまくサポートできず。後半は良いクロスを供給したが、得点には繋がらなかった。
 
セルヒオ・ラモス 6
いくつかミスもあったが、ボックス内でF・トーレスのシュートを止めるなど、自分の仕事はこなした。失点シーンについては、数的不利により、どうこうできるものではなかった。
 
ラファエル・ヴァランヌ 6.5
素早い出足で、確実にピンチの芽を摘むなど、できることはしっかりとこなした。
 
23 ダニーロ 5.5
マルセロの負傷で、急遽出番を得た。特別悪いわけでもないが、ブラジルの先輩の穴を完全に埋めることはできず。C・ロナウドとも、良い関係性を築くことができなかった。後半は攻撃にも顔を出すも、決定的なプレーに絡めなかった。
 
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

ジダン体制初黒星。監督就任以来、試合ごとに評価を高めていた英雄も、この大一番では未熟さを露呈することとなった。敵将との明暗はくっきり分かれた。 (C) Getty Images

画像を見る

【関連記事】
【移籍専門記者】バルサがセリエAで買い物? ロマニョーリ、ドンナルンマ、ベラルディなど若手逸材をモニタリング
【移籍専門記者】F・トーレスが中国のオファーを断固拒否。「世界最高額の年俸」よりも「アトレティコ愛」を選ぶ
【プレミア現地コラム】夏に憧れのジダンの下へ? 「正直者」のアザールが望む未来とは――
ラニエリの采配ピタリ! 途中出場ウジョアの殊勲の一撃でレスターが首位堅守に成功!――レスター 1-0 ノーリッジ
ミランがトリノ相手に「ウノ・ゼロ」勝利! 好調が続く本田は直接FKが惜しくもクロスバー直撃
【チャンピオンズ・リーグ決勝トーナメント1回戦】A・マドリーは悔いの残る無得点 &シティは初のベスト8入りが濃厚に
【ローマ 0-2 レアル・マドリー|採点&寸評】CL初指揮のジダンが好采配。意地の先制弾を挙げたC・ロナウドがMOM!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ