【セルジオ越後の天国と地獄】J1展望<優勝&残留争い、注目プレーヤー>「期待を込めて、僕はG大阪を優勝候補に推したい」

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2016年02月26日

残留争い予想「昇格組に加え、“常連組”の甲府、仙台、新潟も気掛かり。名古屋も暗雲が漂う」

今年はリオ五輪やワールドカップ最終予選もある“日の丸イヤー”。なかでも、浅野(10番)らリオ五輪世代の選手たちが、存在感を放つか注目したい。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 
 2月27日から、いよいよ今季のJ1リーグが開幕するね。今年は8月にリオ五輪があり、9月からワールドカップ最終予選も始まる。そういう意味では“日の丸イヤー”とも言える。
 
 なかでもリオ五輪世代の選手たちが、Jリーグで存在感を放つか注目したい。リオ五輪での登録は18人だが、23歳以上のオーバーエイジ枠を3つ最大限に活用した場合は、23歳以下の選出は15人。限られた席を巡る熾烈なサバイバルが、リーグを活性化するはずだ。
 
 また、名波浩監督や小倉隆史監督など若い世代の監督の働きも見どころ。Jリーグの一時代を築いた名手たちが監督になり、どのような采配を振るうのか楽しみだ。もっとも、なでしこジャパンがリオ五輪最終予選に挑むなか、Jリーグの話題が減らないか少し心配だね。
 
 ここからは「残留争い」、「年間優勝争い」、「注目プレーヤー」について、それぞれ触れていきたい。
 
■「J1リーグ・残留争い」
 
 例年通り、昇格組は苦戦を免れないだろう。大宮、磐田、福岡の3チームは、歯車がひとつ狂えば、再び降格もあり得る。もっとも、大宮と磐田に関しては、昨季の湘南のように、躍進するポテンシャルを十分に秘めている。ただ福岡は、戦力的にどうしても見劣りするだけに、チーム一丸となって勝点を拾えるかがポイントだ。
 
 それ以外では、残留争いの“常連組”である甲府、仙台、新潟が気掛かり。湘南は、遠藤や永木を引き抜かれた影響がどう出るか。
 
 そして、最も暗雲が漂うのが名古屋だ。チーム作りは、明らかに優勝を目指したものではないように感じる。小倉氏に監督とGM業を兼任させるという新たな試みが成功すればいいけれど、経験の浅い指導者に一任するクラブの方針は、疑問を抱かざるを得ないよ。
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ