• トップ
  • ニュース一覧
  • 平畠啓史チョイス“至極の11人”|井上潮音は闘志が見えてくるのが良い! 右SBは毎度おなじみの...【J1月間ベストイレブン10月】

平畠啓史チョイス“至極の11人”|井上潮音は闘志が見えてくるのが良い! 右SBは毎度おなじみの...【J1月間ベストイレブン10月】

カテゴリ:Jリーグ

平畠啓史

2023年11月02日

神出鬼没感が半端ない

平畠氏が選出した10月のJ1月間ベストイレブン。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 芸能界屈指のサッカー通で、J1からJ3まで幅広く試合を観戦。Jリーグウォッチャーとしておなじみの平畠啓史氏がセレクトする「J1月間ベストイレブン」。10月の栄えある11人はどんな顔ぶれになったか。

――◆――◆――

 10月に行なわれたJ1の30節・31節のベストイレブンを勝手にセレクト。ゴールキーパーはC大阪のキム・ジンヒョン。2試合ともに無失点。セービングの技術はもちろん、攻撃の起点にもなっている。

 勝利した大阪ダービーでも安定したパフォーマンスを見せたが、スコアレスドローに終わった広島戦での大迫敬介とのセーブ合戦は見どころ十分。ピッチ内で一番離れたポジションの選手が刺激しあうように、好セーブを披露する様子は見応えがあった。

 浦和の西川周作も2試合ともに無失点。リーグ最少失点の浦和の守備において、アレクサンダー・ショルツ、マリウス・ホイブラーテンとともに西川の今シーズンの安定したパフォーマンスは不可欠になっている。

 右サイドバックは、毎度おなじみC大阪の毎熊晟矢。神出鬼没感が半端ない。ピッチのあらゆるところに出没する毎熊。4-3-3の時の右サイド柴山昌也、ジョルディ・クルークスとのコンビネーションは可能性の広がりを感じさせる。
 
 サイドバックのもう一人は横浜の松原健。負傷者も多くなっているなか、ディフェンスラインだけでなくチームにとって欠かせない存在に。中からも外からも効果的な攻撃参加を見せ、攻守ともに貢献度は高い。

 センターバックは神戸の山川哲史と横浜のエドゥアルド。隙がない山川の存在によって、前線や中盤の選手のハードワークが報われる。バタバタすることなく、落ち着いた対応はチーム全体に安定感をもたらしている。

 福岡戦でのエドゥアルドの対応は見事だった。自分のマークを捨て、サイドにカバーに入った時に、確実に相手の攻撃の芽を摘んでいた。スライディングですべてを投げ出すというより、スライディングしながら、もう一度足が伸びる感じで、何度も相手の攻撃を封じていた。1点目をアシストしたエウベルへのフィードも美しかった。また、C大阪の鳥海晃司の常に落ち着いた対応も見逃せない。

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブ”美女チアリーダー”を一挙紹介!
【関連記事】
「日本は今、アジアの中でトップ。すごく強い」豪州代表デュークが語る森保ジャパン。リベンジにメラメラ「最終予選の借りを返したい」
「日本人いるのえぐい」「凄さを噛み締めた方がいい」マンCのバロンドール候補集結ショットが話題!“ドラマ仕立て”で高クオリティ
平畠啓史チョイス“至極の11人”|MVPは柏に欠かせない点取り屋! 満田誠は監督なら必ずスタメンに入れたくなる【J1月間ベストイレブン9月】
平畠啓史チョイス“至極の11人”|3人を選んだ鹿島からMVPをセレクト。カンテの喜び時間差攻撃はハマる【J1月間ベストイレブン8月】
平畠啓史チョイス“至極の11人”|決定率50%のFWがMOM。福田湧矢は“愛される感”に満ち溢れている【J1月間ベストイレブン7月】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト なでしこJに続け!
    4月10日発売
    U-23日本代表
    パリ五輪最終予選
    展望&ガイド
    熾烈なバトルを総力特集
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 世界各国の超逸材を紹介!
    4月18日発売
    母国をさらなる高みに導く
    「新・黄金世代」大研究
    列強国も中小国も
    世界の才能を徹底網羅!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ