• トップ
  • ニュース一覧
  • 平畠啓史チョイス“至極の11人”|決定率50%のFWがMOM。福田湧矢は“愛される感”に満ち溢れている【J1月間ベストイレブン7月】

平畠啓史チョイス“至極の11人”|決定率50%のFWがMOM。福田湧矢は“愛される感”に満ち溢れている【J1月間ベストイレブン7月】

カテゴリ:連載・コラム

平畠啓史

2023年08月03日

攻守両面で大貢献の車屋

平畠氏がセレクトした7月のJ1月間ベストイレブン。MOMは大迫を選出。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 芸能界屈指のサッカー通で、J1からJ3まで幅広く試合を観戦。Jリーグウォッチャーとしておなじみの平畠啓史氏がセレクトする「J1月間ベストイレブン」。7月の栄えある11人はどんな顔ぶれになったか。

――◆――◆――

 もっと時間が経っているような気もするけれど、アンドレス・イニエスタのヴィッセル神戸ラストゲームは7月1日だった。ノエビアスタジアム神戸のコレオグラフィーはあまりにも美しく感動的。あのイニエスタが日本でプレーしてくれたなんて本当に感謝しかない。ありがとうイニエスタ!

 それでは、7月のベストイレブン。GKは横浜一森純。第20節の名古屋戦ではセービングから素早く前線にボールを送り、エウベルのゴールをアシスト。敗れたものの21節の川崎戦ではPKストップを含む好セーブを連発。攻撃的なチームを最後方から攻守両面で支えた。

 右サイドバックは新潟の藤原奏哉。球際の強さを遺憾なく発揮。第21節の札幌戦では、右サイドのコンビネーションからボックス内に侵入し、鈴木孝司のゴールをアシスト。繋ぎのシーンでもミスが少なく、アルビレックスのサッカーを右サイドから支えている。
 
 センターバックは福岡のドウグラス・グローリと川崎の車屋紳太郎。逆転勝利した第20節の札幌戦で、福岡の2ゴールの起点となったグローリ。第21節の湘南戦では、対人の守備はほぼパーフェクト。そして、86分にはゴールも決めて勝利に貢献。アビスパらしさが戻って来た7月にグローリの活躍は欠かせないものだった。

 第21節の横浜戦で、タイトなマークでアンデルソン・ロペスに仕事をさせなかった川崎の車屋。アディッショナルタイムにはゴールを決め、大事なゲームにおいて攻守両面で大貢献。素晴らしいパフォーマンスを披露した。

 左サイドバックには神戸の酒井高徳。第20節の新潟戦ではマテウス・トゥーレルの負傷で右サイドバックからセンターバックでのプレーとなったが、堂々のプレーでセンターバックと交代してプレーしていることを感じさせなかった。どの試合でもプレーの迫力が際立っている。

 左サイドバックでは福岡の前嶋洋太も好パフォーマンス。対面する攻撃的な選手に鋭いアプローチで仕事をさせなかった。

【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「J歴代ベスト11」を一挙公開!
【関連記事】
「才能を潰して、と言う人たちもいるけど…」神戸の酒井高徳が“若手の国外移籍”に持論!失敗に終わるケースには「海外に行くことが悪いんじゃなくて、そいつがダメだっただけ」
まさにエースとしての働き。神戸悲願のリーグ制覇へやはり大迫勇也の決定力は頼もしい
「すべてのプレーの質が高かった」元日本代表FWが絶賛の横浜同点弾。GK一森の絶妙パント→エウベルが冷静フィニッシュ!
「悪魔の左足」「ロッベンだ」C大阪クルークス、鋭い切り返しからの華麗なコントロールショット弾にファン喝采!
「スーパー劇的なやつ決めてた」川崎・車屋紳太郎の首位マリノス撃破弾にファン歓喜!「CBのクロスをCBが詰めるとか最高」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ