【J1】開幕直前チェック G大阪編|ACL制覇は至上命題。鍵を握るのはアデミウソンの活躍だ

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2016年02月26日

現状は新戦力とのコンビネーションを模索している段階。

G大阪の2016年シーズン基本布陣。目標とするACL制覇のためには、新加入アデミウソンの融合が不可欠だ。

画像を見る

【プレシーズンを通じての収穫と課題は】
 
 アデミウソンと藤本を獲得し、リーグ屈指のアタック陣を手にしたG大阪は、沖縄、宮崎と2度のキャンプを行ない、調整を進めてきた。
 
 昨年に負った怪我の影響で岩下と西野、そして米倉が別メニュー調整で出遅れていたのは誤算だが、今季で4年目を迎えた長谷川体制において、チーム戦術はすでに浸透している。懸念された宇佐美の欧州移籍も一旦封印され、特に目立った戦力ダウンもない、“上積みの年”となった。
 
 約2週間とオフが短かったため、選手たちはコンディションを維持しており、キャンプ中の負傷者は2年目の嫁阪のみ。「今年は前線に良い選手が多い。噛み合えば面白い攻撃になる」と遠藤もその化学反応に期待感を示している。

 とはいえ、現状では新戦力のフィットを模索する段階で、ゼロックス杯では「試さないと分からないこともある。今はチームのレベルを上げるために苦しまないといけない時期」(長谷川監督)と、あえて広島相手に未知数の攻撃陣をぶつけたものの1-3と完敗。守備重視で挑んだACL初戦の水原三星もスコアレスに終わるなど、攻撃陣の本領発揮にはほど遠い。
 
 一方で、井手口の台頭で今野のCB起用がオプションになり、遠藤をACLで温存できるようになった。その点において、チームの底上げは着実に進んでいると言える。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ