【J1】開幕直前チェック 鳥栖編|「こんなに練習したのは初めて…」と選手も口を揃えるほどの猛練習で堅守回復、タイトルも視野に

カテゴリ:Jリーグ

サカクラゲン

2016年02月25日

フィッカデンティ新監督を迎え、特長の「堅守」を取り戻せるか。

鳥栖の2016年シーズン基本布陣。2年目の鎌田がトップ下で存在感を発揮できるか、注目が集まる。

画像を見る

【プレシーズンを通じての収穫と課題は】
 
 フィッカデンティ新監督は就任早々、チーム作りに関して「まずは守備から」と語り、ディフェンス面の強化に着手してきた。
 
 昨季の鳥栖は第1ステージ14節の浦和戦(1-6)、第2ステージ9節の神戸戦(1-7)をはじめ、大量失点で敗れる試合が目立ち、失点数は一昨季の「33」から「54」に激増。堅守の回復、失点の抑制が、巻き返しへの大きな課題に挙げられた。
 
 始動から午前中はフィジカルトレーニングを行ない、午後は戦術確認と、2部練習を続け、1月30日から2月13日までの沖縄キャンプでもそのやり方は変わらなかった。関係者は「日本一、練習したと言える」と語り、選手たちも「今までで、こんなに練習したのは初めて…」と口を揃える。
 
 守備練習で何度も確認したのはボールの追い込み方だ。また局面での激しさもフィッカデンティ監督は選手たちに厳しく求めた。
 
 沖縄で行なったトレーニングマッチの対琉球戦(5-0)、対名古屋戦(2-0)では、高い位置からプレスをかけ、ショートカウンターから得点を奪った。さらに2試合とも無失点と守備面で手応えを得られる結果となった。
 
 今季の基本布陣は中盤をダイヤモンド型にした「4-4-2」とし、4バックとアンカーで守備ラインを形成するが、とりわけアンカーの選手の働きがチームの出来を大きく左右するだろう。
 
 シーズンを通して、今季のチームの生命線とも言える守備戦術が通用するのか。まずは開幕の福岡戦でのパフォーマンスで、現時点での成熟度が問われる。
 
 

昨季は4年連続15得点を達成した豊田。コンスタントな働きぶりを今季は結果につなげたい。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

【関連記事】
【鳥栖/新体制】ハードワークが持ち味の鳥栖が、原点回帰で上位を目指す
【J1】開幕直前チェック 福岡編|土台作りは着々と。目標の勝点46へ最大のキーマンはダニルソン
【浦和】シドニー移籍を警戒!? 新エースナンバー「9」武藤雄樹が決めた先制ゴールと3つの収穫
【ACL採点&寸評】浦和 2-0 シドニー|“浦和デビュー”の遠藤は中盤の壁となって機能。推進力が活きた武藤をMOMに
【Jリーグ2月開幕の是非は?①】いびつな日程で生まれる「空白の期間」が、選手を飼い殺しにしかねない

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ