【ACL】G大阪 0-0 水原三星|宇佐美は途中交代。劣勢を凌いだG大阪が、アウェーで最低限の勝点1

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年02月24日

有効な反撃の策がなく、課題の残る試合に。

【警告】G大阪=なし 水原三星=ヤン・サンミン(49分)
【退場】なし

画像を見る

 アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は2月24日、各地でグループステージの初戦が行なわれた。グループGでは、G大阪が昨季Kリーグ2位の水原三星と対戦した。

 遠藤と新加入のアデミウソンをベンチに置き、守備的なメンバーで挑んだG大阪は、水原三星のアグレッシブなプレスに苦しんだ。

 立ち上がりから押し込まれてピンチの連続で、丹羽を中心とした守備陣がギリギリのところで身体を張って撥ね返す展開が続く。しかし、立ち上がりの15分を凌ぐと、ビッグチャンスが訪れる。

 18分、パトリックがロングボールに抜け出し、エリア内で決定的なシュート。これは惜しくもポストに嫌われた。その後は、再び水原三星の猛攻に押し込まれ、なんとか耐えながら前半を0-0で折り返した。

 仕切り直しの後半、最初にチャンスを迎えたのはG大阪だった。左サイドでボールを持ったパトリックが中央に送ると、そこに走り込んだのは宇佐美。エリア内でボールを受け、右足で狙う。しかし、ゴール右に外した。

 このチャンスを逃すと、以降は前半と同じような展開で、水原三星の猛攻を受け続ける。64分に遠藤、84分に長澤を投入して前線をリフレッシュしても、状況は変わらず。効果的な反撃の手を見出せないまま、スコアレスで試合は終了した。

 アウェーで最低限の勝点1を手にしたものの、作ったチャンスの数は明らかに水原三星のほうが多く、G大阪にとっては課題の残る試合だったと言えるだろう。
 
 G大阪は3月2日(水)に行なわれる第2戦で、メルボルン・ビクトリーと対戦。吹田サッカースタジアムにオーストラリア王者を迎える。
 

トップ下で先発した倉田(11番)は、精力的なプレスで守備に貢献したが攻撃面では目立った活躍ができなかった。(C)Getty Images

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ