• トップ
  • ニュース一覧
  • 町田、悲願のJ2初優勝が目前!清水がV争いに踏みとどまるには? 磐田と東京Vを含めたJ1自動昇格争いも熾烈【40節】

町田、悲願のJ2初優勝が目前!清水がV争いに踏みとどまるには? 磐田と東京Vを含めたJ1自動昇格争いも熾烈【40節】

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年10月28日

清水の熊本戦“引き分け以下”で町田の初Vが決定

J2初優勝に向けて圧倒的に有利な状況の町田。写真:福冨倖希

画像を見る

 J2の優勝争いが、いよいよ大詰めを迎えている。残り3節で戴冠の権利を持つのは、首位のFC町田ゼルビアと2位の清水エスパルスのみ。10月28日と29日に行なわれる第40節で、決着がつく可能性がある。

 前節に2位以内を確定して初のJ1昇格を決めた町田が、圧倒的に有利な状況になっている。積み上げた勝点78は、同70の清水と8差。勝点2以上を獲得すれば、清水の結果に関わらず初Vが決まる。

 一方、清水は全勝したうえで、町田の“取りこぼし”を待つことだけが、頂点へ残された道となる。

 そのなかで、町田は29日にツエーゲン金沢、清水は28日にロアッソ熊本と対戦する。つまり、清水が熊本戦で“引き分け以下”の場合、その時点で町田は金沢戦を前にして悲願の初優勝が決定する。
【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「J歴代ベスト11」を一挙公開!
 また、J1自動昇格枠の2位をめぐる争いは、予断を許さない状況になっている。清水の背後には、ともに勝点68の3位・ジュビロ磐田と4位・東京ヴェルディが追走。勝点の次に順位決定の要因となる得失点差は、清水が+42、磐田が+24、東京Vが+23となっている。そのなかで、40節では、28日に磐田と東京Vが直接対決する。

 なお、5位のジェフユナイテッド千葉は勝点61・得失点差8で、わずかに2位以内の望みがあるものの、かなり厳しい状況と言っていいだろう。勝点59・得失点差+12で6位・V・ファーレン長崎は、2位浮上の可能性が消滅している。

 大注目の清水対熊本は13時3分、磐田対東京Vは14時3分、町田対金沢は29日の14時にキックオフ予定だ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

「日本人の願いだ」久保建英のマドリー復帰が実現する“唯一の条件”は? 現地メディアが見解「金銭や商業的契約ではなく...」

「正気の沙汰じゃない」クロップ監督が“初ゴール”よりも絶賛した遠藤航のプレーは?「本当にクール」「もし交代させていたら...」

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!
【関連記事】
J1優勝争いが佳境!初戴冠を目ざす神戸が王手をかけるパターンは? 浦和と名古屋はV逸確定も。2連覇を狙う横浜は...【31節】
「まだ、半分を成し遂げただけ」町田FWデュークが悲願のJ2初優勝へ意気込み! ホーム最終戦の金沢戦へ、J1初昇格決定も緩みなし
前節の課題と向き合い、掴んだ勝点3! 清水MF乾貴士が静岡ダービーで変化を感じたチームの“戦う姿勢”
「自分の弱いところ」磐田の18歳FW 後藤啓介、“静岡ダービー”でノーゴールに反省も「落ち込む必要はない」
「正気の沙汰じゃない」クロップ監督が“初ゴール”よりも絶賛した遠藤航のプレーは?「本当にクール」「もし交代させていたら...」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ