• トップ
  • ニュース一覧
  • 「試合の主導権を握っていたのに、気づいたら逆転されていた」清水が予想もしなかった展開で下位の熊本に逆転負け

「試合の主導権を握っていたのに、気づいたら逆転されていた」清水が予想もしなかった展開で下位の熊本に逆転負け

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2023年10月28日

後半はどちらが上位なのかと思えるほど...

平川(17番)に逆転弾を許す清水。権田の決死の飛び込みも...。(C)J.LEAGUE

画像を見る

 2023年10月28日、清水がIAIスタジアム日本平で熊本と対戦。今季J2も残り3試合というタイミングで残留を争う熊本との一戦はそう簡単ではないゲームと予想できたが、ホームチームは立ち上がりから複数のチャンスを作った。

 流れの中からはもちろん、セットプレーでもあわやゴールかという場面を演出。試合への入り方は悪くない印象だった。4分のヘディングシュートをはじめ、17分までに5回もシュートチャンスを作ったのだから、ほぼ一方的な展開とも言えた。

 そして26分には乾の巧みなドリブル、パスから最後は中山がコントロールショットで先制弾。打っても入らないような流れになりつつあったなかでのゴールは、価値あるものだった。

 前半、目を見張ったのは清水エスパルスのプレス。前線から連動して相手を追い込む戦いぶりは見事で、それが試合の流れを呼び込む一因だった。

「前半、相手はできることがなくなっていた」

 白崎がそうコメントしたとおり、試合の主導権を握っていたのは明らかに清水だったのだ。  

 惜しむらくは、前半終了間際の失点。熊本にあまりチャンスを与えていなかっただけに、なんとも勿体なかった。ただ、セットプレーでのマークの甘さは前半途中から露呈していたので、清水は弱点を突かれたとの見方もできるだろう。その点で不運な失点ではなかった。
 
 迎えた後半、予想もしなかった展開になる。熊本の守備陣が整備されたなか、56分、清水は平川に逆転弾を蹴り込まれると、続く67分には伊東に強烈なミドルを叩き込まれたのだ。いずれも中盤でのつなぎのミスからで、その原因となったホナウド、カルリーニョス・ジュニオはともに失意の様子だった。

 1-3になった以降も清水は細かいパスミスが目立ち、なかなか決定機を作れない。ゴール前にボールを入れても熊本の分厚い壁に弾き返されるシーンが多く、それを眺めていた清水のファン・サポーターはストレスを溜めていたに違いない。

 前半はあれだけ試合を支配していた清水が、ひとつの失点をきっかけに崩れる。後半はどちらが上位なのかと思ってしまうほど低調なパフォーマンスだった。

「試合の主導権を握っていたのに、気づいたら逆転されていた」

 白崎の言葉が、この試合の展開を如実に物語っていた。

文●白鳥和洋(サッカーダイジェストTV編集長)

2位浮上ならず。3位・磐田対4位・東京Vは1-1ドロー決着、勝点1差で清水を猛追

「どうこう言っている場合じゃない」J2清水、逆転Vならず...J1昇格に向けてラスト2試合、秋葉監督は「死にモノ狂いでやりたい」

【PHOTO】日本代表を応援する麗しき「美女サポーター」たちを一挙紹介!
【関連記事】
「どえらいボディだ!」1555万フォロワーを誇るスイス代表ブロンド女子が“限界ビキニショット”でファン悩殺!「リアルバービー」「ドカンと来たな」
「日本のみなさん、すみませんでした」元ジェフの申在範が北朝鮮の暴挙を謝罪「俺の中では追放なんです」【アジア大会】
「日本人の願いだ」久保建英のマドリー復帰が実現する“唯一の条件”は? 現地メディアが見解「金銭や商業的契約ではなく...」
かつて絶対的エースだった逸材も挫折を味わう現状に権田修一が独自見解「結局、早く気づけばいいんですよ」
「綺麗事ではなく本音」エスパルス乾貴士&権田修一の“赤裸々対談”が大反響!「タダでいいんですか?」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ