• トップ
  • ニュース一覧
  • 「戦術、デュエル、全て負けていた」三笘薫が王者マンC戦後に語った本音。コンディション、決定機逸、ゴール演出については...「前半からやっておけば」【現地発】

「戦術、デュエル、全て負けていた」三笘薫が王者マンC戦後に語った本音。コンディション、決定機逸、ゴール演出については...「前半からやっておけば」【現地発】

カテゴリ:海外日本人

松澤浩三

2023年10月24日

「ギア入るのが遅いです」

何度かシティの守備陣を脅かした三笘。(C)Getty Images

画像を見る

 1-2で敗れたマンチェスター・シティ戦後の囲み取材。「どのように試合を振り返るか?」との問いに対して、三笘薫は「いや、もう同じですね。前半に失点して、いつも通りの難しい展開にしてしまった。ギア入るのが遅いです」と答えた。

 まさにその言葉通りの試合展開だった。開始直後こそ互角の戦いをしていたものの、前半7分、左サイドでボールを受けたジェレミー・ドクが鋭いドリブルでペナルティーボックスの深い位置まで持ち込み、マイナスのパスを中央へ送る。このボールをフリアン・アルバレスが左足のダイレクトシュートでネットを揺らし、あっさりと先制点を奪った。

 早い時間帯でのゴールを決めたシティはそこから流れを掴み、19分にはブライトンのミスから加点に成功する。自陣でのパス交換でもたついてできた一瞬の隙を見逃さなかった。

 ブライトンの18歳のミッドフィールダー、カルロス・バレバがコントロールミスしたところにシティの攻撃陣は鋭いプレスを仕掛け、ルーズボールを拾ったアーリング・ハーランドはそのままドリブルでボックス手前まで運び、直後に左足で強烈なシュートを放つ。低弾道のボールはゴール右下隅に突き刺さった。

【動画】「何が起きたんだ?」と敵サポも脱帽!キレキレドリブルでシティの主将を翻弄した三笘が追撃弾を演出
 2点を追うブライトンは、その後も昨季の王者に苦しめられ続けた。特に左サイドでは、スピード感溢れるドクと対峙したジェームズ・ミルナーが文字どおり“ちんちん”にされ、ミルナーは前半のみで途中交代を告げられている。

 後半になっても途中までシティ優勢は変わらず、チーム全体で攻守に関わる“トータルフットボール”でブライトンを抑え込んだ。

「相手がどんどん動いてくる中で、やっぱりマークがなかなか決めきらないっていうところ。あれだけポジションのクオリティがあるチームなので、自分たちの戦術も、デュエルのところ、すべて負けていたと思います」と対戦相手の質の高さに舌を巻いていた。

 潮目が変わったのは、65分にジョアン・ペドロに代えてアンス・ファティを送り込んでからだった。
 
【関連記事】
「ミトマがウォーカーをおちょくった」三笘薫がマンC主将をチンチンにした得点シーンに相手サポは嘆き!「ひどい守備だ」「恥を知れ」
「イライラしている」ブライトン指揮官が指摘した三笘薫の課題は?「スペースがある時は世界最高のウインガーの一人だが...」
「ドクは左に慣れていない。ミトマは...」名将ペップ、“並外れた選手”と絶賛した三笘薫とマンCの超逸材を比較
「ミトマがウォーカーにやりたい放題」英代表の名手を翻弄した三笘薫のキレキレドリブル→追撃弾演出に海外メディアが驚嘆!「日本人が凌駕した」
「ミトマに大苦戦」三笘薫に蹂躙された英代表DFウォーカーに屈辱の最低評価「シティの主将が打ち負かされるのは珍しい」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ