【J1】開幕直前チェック 広島編|オフの短さに不安は否めないがリーグ&ACLの二冠へ競争力アップは不可欠

カテゴリ:Jリーグ

寺田弘幸

2016年02月26日

強固なベースにより、新戦力の融合は順調に進行。

広島の2016年シーズン基本布陣。お馴染みの3-4-2-1の布陣は今季も不変。新加入選手も順調にフィットしているようだ。

画像を見る

【プレシーズンを通じての収穫と課題は】
 
 昨年末に天皇杯・準決勝まで勝ち残った広島は、今季の開幕が例年より1週早まったことに加え、開幕1週間前のゼロックス杯から16年シーズンがスタートしたため、昨季終了と今季開幕までのインターバルが2か月も設けられていなかった。そのため、とにかく今年のプレシーズンは短く、慌ただしかった。
 
 よって、大きな怪我人を出すことなく開幕を迎えられたのは大きな収穫だ。途中で練習を離脱する選手はいても、長期離脱となった選手はいない。ただ、気がかりなこともある。
 
 塩谷は自身のコンディションについて、「オフが短かったんでそんなにコンディションも落ちていなかった。いい感じで開幕を迎えられている」と話す。オフが短かったことが短い準備期間での調整を可能にしてくれたようだが、しっかりと心身をリフレッシュする時間はとれたのか。短いオフの反動がシーズン途中に出てこなければいいが、不安は否めない。
 
 また、新戦力の融合は順調に進んだと言っていい。森保体制5年目を迎えたチームには強固なベースが築かれており、新加入選手が入ってもブレることはない。ピーター・ウタカもチームの規律を理解しようと務めていた。
 
 そして、ドウグラスが移籍したことで再構築を迫られた前線は、昨年末のクラブ・ワールドカップでチャンスを掴んだ茶島が自信を持って好アピールし、P・ウタカも確かな能力を示している。連係が深まっていくまでの時間は必要だが、16年の攻撃陣も大きなポテンシャルを秘めている。

ゼロックス杯では“らしい”ゴールで健在をアピールした佐藤。ACL初戦は回避したが、今季も各チームの脅威の的となりそうだ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ