【広島】P・ウタカが攻守に順応! J1連覇&ACL制覇へ、さらなる中堅・若手の台頭が鍵に

カテゴリ:Jリーグ

中野和也

2016年02月09日

周りを活かせるチームプレーヤーの一面を見せるP・ウタカ。

ここまで順調にフィットしているピーター・ウタカ。周囲との連係もとれているようだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 気になる点が少し。負傷者が多いことだ。
 
 昨年から故障離脱が続いていた森﨑浩司と川﨑裕大は練習試合に出場できずじまい。1月31日の宮崎産業経営大戦(9-0)でゴールを決めた野津田岳人は右太ももの前部を負傷し、2得点を決めた宮吉拓実も身体に張りが出て、ともにキャンプ終盤は別メニュー。さらに大黒柱の森﨑和幸も足に違和感を覚えて最終日(2月7日)の鹿児島戦(3-1)を回避し、広島の病院で精密検査を受けることとなった。本人は「おそらく大丈夫。酷くなる前に練習をやめたから」と明るくコメントしていたが、いささか心配である。
 
 ポジティブな面も、もちろんある。まず、なによりもピーター・ウタカだ。アフリカ人特有のフィジカルの強さや身体能力の高さばかりが強調されがちだが、ウタカのスタイルは違う。実にスマートで頭がいい。キープ力も確かに高いが、それもフィジカルで押し通すというよりも、技術と知性の高さでボールの置き所やプレー選択のクオリティが高いからこそ。唯我独尊のタイプではなく、周りを生かせるチームプレーヤーで、キャンプ中も佐藤寿人や茶島雄介らとの連係をしっかりと探っている。
 
 鹿児島戦でもDFからボールを奪った後、自ら打つのではなく、相手を引きつけてフリーの茶島にラストパスを通した。自分の欲よりも確率をより高めるためのプレーを選択できるスタイルは、まさに広島向きである。
 
 もちろん、広島対策を講じてくる相手を打破するには、時に強引なプレーも必要だし、ミドルシュートも重要になる。だがフィジカルコンディションが上がってくれば、そうしたプレーも見せてくれるはずだ。
 
【関連記事】
【リオ五輪予選】浅野拓磨が明かした決勝点の裏側。広島で身につけた駆け引きでアジアの頂点を掴む!
【日本 3-2 韓国|採点&寸評】浅野が韓国撃破の立役者に。ただ大味な展開に守備陣には厳しい評価を下さざるを得ない
【クラブW杯】「お前は外さない」青山を突き動かした森保監督のメッセージ
【J1】2016年シーズンの主役に名乗り! 期待のニューフェイス11選
【J1】リオ五輪世代の23歳以下限定 2016年ブレイク候補10選

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年8月25日号
    8月10日発売
    J1&J2全40クラブ
    夏の補強総決算!!
    最新スカッド
    新戦力インタビューも充実
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月18日発売
    クローズまで残り2週間!
    夏の移籍マーケット
    最終盤展望
    土壇場で動く大物は?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ