• トップ
  • ニュース一覧
  • 「フリーターの自分は、先輩たちに比べればマシなほう」新潟FW長倉幹樹が見た社会人リーグの過酷な環境【インタビュー中編】

「フリーターの自分は、先輩たちに比べればマシなほう」新潟FW長倉幹樹が見た社会人リーグの過酷な環境【インタビュー中編】

カテゴリ:Jリーグ

岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

2023年10月14日

「とにかく強い大学に行って成長したくて」

長倉は大学卒業時にプロからのオファーを得られず、関東1部リーグの東京ユナイテッドFCに加入した。(C)TOKYO UNITED FC

画像を見る

 Jクラブからオファーが届かず悔しさを味わった大学卒業時から、わずか1年半。社会人リーグの東京ユナイテッドFCからJ2の群馬を経て、J1の新潟まで驚くべきスピードで這い上がった長倉幹樹。目の前の勝利にこだわり、結果を残し続けてきたアタッカーが、激動の2シーズンを含む自身のキャリアと躍進の理由を語る。

――◆――◆――

 浦和レッズユースで実りある3年間を過ごしたが、クラブからトップチーム昇格の話はなく、早々に大学行きを決めていた。進学先に選んだのは順天堂大だ。

「順天堂大は、自分が進路を決める2017年に関東大学リーグ(2位)やアミノバイタルカップ(優勝)で結果を残していました。とにかく強い大学に行って成長したくて、進学を決断しました」

 長倉の狙い通り、大学4年間は高いレベルに身を置いたことで、選手としてまたひと皮むけた。ひとつ上の学年に杉山直宏(ガンバ大阪)、ふたつ上に旗手怜央(セルティック)、3つ上に名古新太郎(鹿島アントラーズ)ら、プロ行きを果たす多くの実力者としのぎを削った経験は、現在も糧となっている。
 
 先輩が次々とプロの舞台に旅立ち、4年次となった2021年。千葉県代表として出場した天皇杯で、偶然にも1年後に加入するJ2のザスパクサツ群馬と対戦する。この試合でのプレーがのちの獲得に影響したわけではないというが、長倉にとっては印象的な試合だったようだ。

「前半終了間際に先制し、試合終盤に追加点を挙げて2-0になって追い込んだ。正直『勝てるぞ』と思いましたが、90分までに追いつかれて、延長戦で逆転を許し、敗退しました。やはりプロは違うなと思い知らされた一戦でしたね」

 実力の差を突きつけられると同時に、プロへの憧れが増したゲームを経て、より一層サッカーに打ち込みつつ、Jクラブからのオファーを待った。しかし現実は厳しく、プロ入りの話は舞い込まなかった。

【PHOTO】新たな歴史を刻むべく、魂の声援を送り続けたアルビレックス新潟サポーター!
【関連記事】
「小学生の時は感覚でプレーしていましたが...」社会人リーグから1年半でJ1に辿りついた新潟FW長倉幹樹の幼少期【インタビュー前編】
J2首位町田、荒木&下田弾で秋田に2-1勝利! 悲願のJ1初昇格に王手!
「俺は何をやってるんだ」伊藤涼太郎を奮起させた三笘らの活躍。水戸や新潟ではかけがえのない出会いも
「海外進出?」アルビ千葉和彦の“パンイチ姿”が話題!本人は「Don’t worry I’m wearing…」と反応。「みんなの笑顔が素晴らしい」の声
【番記者推奨!新潟のブレイク候補】スピードに乗ったドリブルとパンチのあるシュートが売りの三戸舜介。二桁達成を目標に「余裕を持って、相手をいなす」プレーに注力

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ