• トップ
  • ニュース一覧
  • 「小学生の時は感覚でプレーしていましたが...」社会人リーグから1年半でJ1に辿りついた新潟FW長倉幹樹の幼少期【インタビュー前編】

「小学生の時は感覚でプレーしていましたが...」社会人リーグから1年半でJ1に辿りついた新潟FW長倉幹樹の幼少期【インタビュー前編】

カテゴリ:Jリーグ

岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

2023年10月13日

「興梠選手を近くで見られたのは大きかった」

今年8月に群馬から新潟への個人昇格を果たした長倉。(C)J.LEAGUE

画像を見る

 Jクラブからオファーが届かず悔しさを味わった大学卒業時から、わずか1年半。社会人リーグの東京ユナイテッドFCからJ2の群馬を経て、J1の新潟まで驚くべきスピードで這い上がった長倉幹樹。目の前の勝利にこだわり、結果を残し続けてきたアタッカーが、激動の2シーズンを含む自身のキャリアと躍進の理由を語る。

――◆――◆――

 埼玉県さいたま市浦和区。日本屈指のJクラブ・浦和レッズを有する土地に生まれた長倉幹樹は、兄の影響で5歳からボールを蹴り始めると、地元の多くの少年少女と同様、サッカーに熱中する。

「ストイックだったわけではないですが、小学生の頃は放課後にほぼ毎日、学校でサッカーをしていました。当時はあまり考えず、夢中でやっていましたね」

 純粋に競技を楽しんでいた小学校低学年時代から、クラブチームに加入したことで毎日の練習で忙しくしていた高学年時代を経て、長倉は同年代の中で目を引く存在に成長。中学に進学するタイミングで、スカウトされて参加したセレクションに合格し、浦和Jrユースに加入する。

「中学生になった時に、周りよりも身体が小さくて。小学生の時は感覚でプレーしていましたが、それだけではダメだと感じて、考えてプレーし始めたんです。

 当時から攻撃的なポジションだったので、相手の最終ラインやゴール前での駆け引きと動き出しを工夫し、成長できました。浦和のジュニアユースで身に着けた頭を使うプレーが、今の自分の武器になっています」
【PHOTO】新たな歴史を刻むべく、魂の声援を送り続けたアルビレックス新潟サポーター!
 地元のトップクラスの選手が集まる浦和の下部組織。加入当初は試合に絡めなかったが、フィジカル面の弱点を駆け引きの巧さで補い、3年間で徐々に存在感を高めていった。小柄なFWとしての戦い方は、当時のトップチームのエースからを学んだのだという。

「興梠慎三選手のプレーを近くで見られたのは大きかったです。ストライカーとしての動き出しや駆け引きを見て吸収しようとしていました」

 戦い方を学び、少しずつ自分の居場所を見い出したが、最後まで常にスタメンに選ばれる立ち位置には至らなかった。技術面で成長したが、身体的に早熟な選手が有利なのがこの年代の悩みの種と言えるだろう。

 それでも長倉は、浦和ユースへの昇格を掴み取る。

「スタメン組でも昇格できなかった選手もいました。将来性だったり、コーチの好みなどもあると思いますが...。ユースに上がれたのは、運が良かったとしか言えません」

 苦しみながらも昇格した浦和ユースで、長倉はもう1段階成長する。

「プロ入り前までで自分が一番伸びたと感じるのは、高校生(浦和ユース)の時です。ジュニアユース時代と同じく最初はレベルの差に戸惑いましたが、身体の成長が周囲に追いついて、武器の頭を使うプレーにフィジカルの強さが加わりました。戦い方の幅が広がって、徐々に出場機会をもらえるようになったんです」

 浦和ユースでは重要な出会いもあった。当時、監督を務めていた大槻毅氏だ。のちにプロの舞台で再開を果たす恩師と過ごした3年間は、かけがえのない時間だった。

「厳しさはありますが、頻繁にコミュニケーションを取ってくれます。自分の長所を理解してくれて、常にモチベートしてくれました」

取材・文●岩澤凪冴(サッカーダイジェスト編集部)

※第1回終了(全3回)
※『サッカーダイジェスト』2023年10月号(9月8日発売)より転載。

【PHOTO】編集部が厳選! ゲームを彩るJクラブの美女チアリーダーを一挙紹介!
【関連記事】
【日本代表のカナダ戦スタメン予想】復帰の南野と中山が先発と予測。久保と伊東が一騎打ちの右サイドは...
「監督が一番喜んでる」新潟GK小島亨介が代表招集で祝福ムード全開!“朝っぱらから歓喜溢れる”クラブハウスの様子が話題!「みんな嬉しそう」
「足元が群を抜いてうまい」ビッグセーブや正確なフィードも!森保Jに追加招集、GK小島亨介のプレー集にファン注目「シュートストップも抜群」
WEリーグに電撃初参戦の川澄奈穂美、移籍の舞台裏を明かす。“盟友”上尾野辺めぐみは「日本ならアルビに来てほしかった」
「俺は何をやってるんだ」伊藤涼太郎を奮起させた三笘らの活躍。水戸や新潟ではかけがえのない出会いも

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ