【リーガ現地コラム】論争を呼んだバルサの「世紀のPK」。浴びせるべきは批判ではなく喝采だ

カテゴリ:連載・コラム

豊福晋

2016年02月16日

「相手へのリスペクトに欠くものではないか?」との声も。

セルタ戦の82分、バルサが「トリックPK」を決める。キッカーのメッシが右前にボールを蹴り出し、これを後ろから走り込んだスアレスが冷静に流し込んだ。(C)Getty Images

画像を見る

 一瞬、目を疑った。
 
 2月14日のバルセロナ対セルタ戦(リーガ・エスパニョーラ24節)、82分のことだ。バルサのPKの場面、キッカーはリオネル・メッシ。いつも通り簡単に決めて、カンプ・ノウは歓喜に包まれる――。
 
 誰もがそう考えた。
 
 しかし、数秒後の光景はまったく違うものだった。メッシは自らの右斜め前に軽くボールを蹴り出し、後ろから計ったかのようにそこに走り込んだルイス・スアレスが冷静にゴールに流し込む。
 
 まさに「世紀のPK」――。日曜の夜、カンプ・ノウで7万3000人が揺れた。
 
 この種のPKが決まるのは、何も初めてのことではない。1982年12月5日のアヤックス対ヘルモンド戦では、かのヨハン・クライフが同じようなPKを決めている。その時はクライフとイェスパー・オルセンのワンツーだった。
 
 バルサのレジェンドでもあるクライフは現在、癌で闘病中。多くのメディアがこのPKを、「クライフへのオマージュ」だとしている。
 
 この“トリック”はトレーニングで何度も試されていた。本来であれば押し込む役割だったというネイマールは、試合後にこう笑った。
 
「僕が決める予定だったんだけど、あのデブ(スアレス)が先に追いついたんだ(笑)。でも、まったく問題ないよ」
 
 メッシ、スアレス、ネイマール。世界最強のトリデンテは、ピッチ上の連携だけでなく、その外でも関係性は最高のようだ。
 
 一夜明けたスペインでは、メッシと世紀のPKへの賛辞に包まれたが、その傍らでひとつの議論も起きつつある。
 
「このプレーは相手へのリスペクトに欠くものではないか?」
 
 主な批判や疑問は下記のようなものだ。
 
■相手を小馬鹿にしている。
■0−0でも同じことができたのか(PKを蹴る前の時点で3-1。最終結果は6-1でバルサの勝利)。
■真剣勝負の場で自分たちだけが楽しむようなことはやめるべき。
 
 中には、「メッシが蹴る瞬間にスアレスはペナリティーエリアのラインを踏んでいたので、このゴールは無効である」というルール違反を指摘する声も上がった。
【関連記事】
ジェノア戦の本田はゴールだけじゃない――。「目立つ仕事」と「目立たない仕事」の両立という新たな可能性
【アーセナル 2-1 レスター|採点&寸評】劇的な結末を迎えた上位対決! 逆転弾を呼び込んだエジルがマン・オブ・ザ・マッチだ
【独占インタビュー】バルサのバルトメウ会長がクラブの近未来像とスアレス獲得秘話を語る
フットボーラーのファッション診断 WEB版|Vol.02 ネイマール「やはりストリート系の若者コーデが似合う」
【移籍専門記者の裏話】バネガのインテル行きはすでに既成事実。争奪戦を制する鍵となったのはあのレジェンドの勧誘電話だ
【リーガ現地コラム】覚醒した「ニュー・イスコ」。22歳の新鋭ファンピがマジカルなプレーでマラガを躍進に導く!?
【タマジュンの欧州視察】香川の“日常”に見る「プロセス」の優位性と、本田マインドへの期待感
【ビッグクラブの回顧録】“あの時”のユナイテッドを振り返る vol.10~1999-00シーズン ~

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ