【リーガ現地コラム】覚醒した「ニュー・イスコ」。22歳の新鋭ファンピがマジカルなプレーでマラガを躍進に導く!?

カテゴリ:連載・コラム

豊福晋

2016年02月11日

鮮やかなプレーの数々がマラガ時代のイスコを想起させる。

ドリブル、パス、シュートのどれをとっても一級品で、創造性溢れるプレーも魅力。その豊かな才能に、早くも国内外の有力クラブから熱視線が注がれる。(C)Getty Images

画像を見る

 ひとりの若者が、少し前までどん底状態にあったマラガの救世主となった。ファンピ・アニョール。ベネズエラ出身の22歳の攻撃的MFである。

 23節のヘタフェ戦で3-0と快勝したマラガは、現在リーガでもっとも勢いのあるチームのひとつとして注目を浴びている。しかし、わずか2か月前までは降格がちらつくような最悪の状態にあった。コパ・デル・レイでは4回戦で2部のミランデスに完敗。早々と12月に姿を消した。

「あの頃はまさにどん底だった。マラガの街を歩くのも申し訳なかった」

 そう語るのは、ここまでチーム最多の9得点をマークしているエースストライカー、シャルレスだ。

 年明け以降、マラガは緩やかに上昇曲線を描き始めた。そしてその立役者となったのが、ファンピだった。とくにこのところは3試合連続ゴールと絶好調で、チームをヨーロッパリーグが狙える位置まで押し上げている(10位)。

 いまや彼はリーガ・エスパニョーラの注目株のひとり。メディアでの扱われ方も劇的に変わりつつある。

「マラガに新たなイスコが現われた」と『エル・ムンド』紙が報じれば、『マルカ』紙は「ファンピの魔法に魅せられた」と、そのプレーを絶賛している。

 派手なゴールに目を奪われがちだが、ファンピは得点だけが持ち味の選手ではなく、ハイレベルなテクニックを駆使したチャンスメークもお手の物。ドリブル、パス、シュートのどれをとってもハイレベルで、観客を魅了する創造性も持ち合わせている。

 かつてマラガでCL躍進の原動力となり、一世を風靡したのが現在レアル・マドリーで活躍するイスコだ。ファンピのプレーは、どことなく当時のイスコを想起させる。

 テクニカルなドリブルやパスワークで敵守備網を切り裂くいまのマラガは、高く評価されている。ヘタフェ戦後には「マルヌエル・ペレグリーニ時代のマラガに近づいた」という声が挙がったほどだ。ファンピはそんな魅惑のサッカーの中心にいる。

 そのファンピは最近、急激に自信を増した印象がある。常にボールを要求し、果敢にドリブルで仕掛け、時に大胆なプレーをやってのける。そんな度胸や責任感は、少し前までは感じられなかった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ