【FC東京】“城福流”が浸透中。ACLプレーオフに向けて急ピッチでチーム作りが進む

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2016年01月31日

走り込みの強度と量は、過去のキャンプと比較しても圧倒的。

ニューイヤーカップでは、水沼(後列最左)や駒野(前列左から2番目)など、多数の新戦力をテストした。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

甲府から加入した阿部は、2トップの一角で起用されている。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 今季新たに城福浩監督を招聘したFC東京は、18日から始まった沖縄・国頭合宿でふたつのテーマに挑んだ。新指揮官は、今キャンプの成果をこう述べている。

「まず、シーズンを戦うためのコンディション作りができた。システムをふたつ試せたことは大きい。さらに(スカパー!ニューイヤーカップの)3試合を戦い、かつ目指すトロフィーの重さは違うが、優勝したことは我々にとって小さな成功体験となったと思う」

【FC東京1-0東京V|寸評】橋本、駒野が好パフォーマンス。東京VはGK鈴木が台頭

 ひとつ目のテーマとなったのは、年間を戦うためのコンディション作りだった。新たにフィジカルコーチに就任した池田誠剛コーチのもと、徹底した走り込みを行った。過去のキャンプと比較しても、その強度と量は圧倒的。下半身と心肺機能のレベルアップを目的に実施されたクロスカントリートレーニングは、その最たる例となった。日を追う毎に疲労の色は濃くなっていったが、チームの雰囲気は明るく、積極的にトレーニングに臨んでいた。
 
 そして、もうひとつのテーマが、戦術の落とし込みだ。午前をフィジカルトレーニングに費やした一方で、午後は城福戦術を身体に染み込ませていった。
 
 通例では2度の合宿を経てチームを作っていく。だが、今季は2月9日にACLのプレーオフが組み込まれており、チーム作りを早めなければいけない事情もある。まさにスピード勝負のなかで、城福流チームビルディングが行なわれてきた。
 
 ビルドアップの練習や、守備戦術も織り交ぜながらハードなトレーニングを課してきた。だが、第1次城福体制との違いも、ここでは見えてきた。
 
 前回指揮を執った08年から10年途中までは、叱咤激励しつつ、自らの声が通りやすいチーム作りをしてきた。しかし今合宿では、選手の声に耳を傾ける指揮官の姿が何度も見られた。選手やコーチングスタッフと積極的にコミュニケーションを取り、彼らの声をチーム作りにも取り入れていった。それが、チーム作りのスピード感を上げる効果を生み、4-3-3と4-4-2システムを併用可能なレベルまで引き上げた。
 
 ボールを動かしつつ、奪われたら高い位置で奪い返し、連続的にゴールへと向かう“アクション・フットボール”は形になりつつある。ニューイヤーカップ3試合を通じても、そうした場面が増えてきた。

 だが、城福監督は「俺たちが目指すところはまだ先にある。そこは選手とも確認できた。ここでチーム作りが終わりではない」と言う。悲願のリーグ制覇へ。首都クラブの「てっぺんを目指す戦い」は、まだ始まったばかりだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ