• トップ
  • ニュース一覧
  • 中井卓大の凄さを感じたR・マドリードの練習場。ラ・リーガの担当者は「日本人選手がスペインで活躍していないとは思わない」【マドリードを巡る旅|後編】

中井卓大の凄さを感じたR・マドリードの練習場。ラ・リーガの担当者は「日本人選手がスペインで活躍していないとは思わない」【マドリードを巡る旅|後編】

カテゴリ:連載・コラム

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年09月08日

カンテラに所属している全選手の写真が

今夏にR・マドリード・カスティージョからラージョ・マハダオンダへレンタル移籍した中井。(C)Mutsu FOTOGRAFIA

画像を見る

 レアル・マドリード、アトレティコ・マドリード、ヘタフェ、ラージョ・バジェカーノと今シーズンのラ・リーガを戦う4チームが本拠地を置くスペインの首都マドリードは、試合観戦外にも楽しめるスポットがある。

 4月に訪れた際は、日程上試合は見られなかったR・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウのスタジアムツアーに参加。ただ、現在は改築工事中ということもあって、トロフィールームとスタンド見学だけの簡単なもので、選手のロッカールームや会見場などは見られなかった。その分、25ユーロから15ユーロへと格安になっていた。

 そのサンティアゴ・ベルナベウには、公式ショップが併設されている。ここは品数も充実しており、試合日ではないにもかかわらず、賑わっていた。

 スペインサッカー連盟の本部やスペイン代表のトレーニングセンターがあるシウダー・デル・フットボール・デ・ラス・ロサス内のスペイン代表博物館も見学した。

 スペイン代表の歴史を振り返る展示物のほかに、レアル・マドリード時代のセルヒオ・ラモスが優勝パレードの際にバスから落として壊したコパ・デル・レイのトロフィーなども置かれている。その時はまだなかったが、ここに女子ワールドカップのそれが加わることになるだろう。男女でW杯を制したのは、ドイツに次いで2か国目だ。
 
 R・マドリードの練習施設「シウダード・レアル・マドリード」も初めて訪れた。広大な面積に11面のグラウンドが広がり、その規模に驚かされる。カフェのある建物に入ると、壁にカンテラ(下部組織)に所属している全選手の写真が貼られており、カスティージャ(Bチーム)に所属する中井卓大のそれもあった。

 その日は、11~12歳ぐらいのチームが練習を行なっていたのだが、GKだけでも4人もいる。もちろんR・マドリードでプレーしているということは、“選ばれた少年”たちだ。途中、振るいにかけられ、また新たなライバルも続々と加入してくる。改めてその過酷さを実感するとともに、カスティージャまで順調に昇格した中井の凄さを感じた。

 出場機会を求めて、今夏に同じマドリードに本拠地を置くラージョ・マハダオンダへレンタル移籍が決定したが、そこでそのポテンシャルを発揮してほしい。時間が許せば、その19歳のプレーを見に行くのもいいかもしれない。
 
【関連記事】
「久保には残って欲しかった」アトレティコ戦で遭遇したマジョルカサポがこぼした本音。“圧力鍋”メトロポリターノでは、日本で目にしない驚きの光景が...【マドリードを巡る旅|前編】
「タケには驚きだよ」至る所で久保建英の存在を感じた“美食の街”【サン・セバスティアンを巡る旅|前編】
驚かされたソシエダの練習場。育成責任者は久保建英の弟・瑛史について「我々は満足している」と…【サン・セバスティアンを巡る旅|後編】
天才少年を発見したバルサのカンテラで衝撃!クレの集まる店では久保建英の話題も「移籍して来ても十分やれる。だけど...」【バルセロナを巡る旅|後編】
なぜ本拠地サン・マメスに宿敵ソシエダのロゴが? 出会った少年が久保建英を「嫌い」な理由は...【ビルバオを巡る旅|前編】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ