【移籍専門記者コラム】シティ、マドリー、バルサを軸とするポグバ争奪戦。「1億ユーロの男」はどこへいく?

カテゴリ:移籍情報

ジャンルカ・ディ・マルツィオ

2016年01月19日

ユーベは交渉のテーブルにつこうという気配すら見せていない。

昨夏から続くポグバ争奪戦は、今夏にさらに激化しそうな気配。はたして、この新しいフェノーメノの行き先は?(C)Alberto LINGRIA

画像を見る

 だれもがポール・ポグバを欲しがっている。だが、だれも手に入れることができない。実際、今までのところすべてのオファーはにべもなく断られており、ユベントスは交渉のテーブルにつこうという気配すら見せていない。
 
 そしてなにより、ポグバ自身にその気があるようには見えないのだ。ここまでもっとも本気で獲得に乗り出したのはマンチェスター・シティだった。昨年7月にトリノまで足を運んで、ポグバの自宅を訪れたのだ。代理人のミーノ・ライオラも、もちろん同席していた。シティは彼らが望むだけの条件を提示する用意があったが、話は始まりすらしなかった。
 
 これからの数か月で状況が変わるかどうか、まずは見守ろう。ジョゼップ・グアルディオラの下でプレーするという魅力的なアイデアに、心が揺れ動くかもしれない。その場合、ペップの新天地となる可能性が高いシティ行きが再浮上するだろう。

移籍専門記者による強化部門解説|マンチェスター・シティ編「ペップ招聘を狙う元バルサ・ペアが取り仕切る」

 ただ、「仮にユベントスを去るならば、もっと格式の高い伝統あるユニホームを着たい」というのがポグバの望みだ。つまり、レアル・マドリーかバルセロナである。
 
 マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長はこれまで、ポグバ獲りに本気で乗り出したことがないが、ジネディーヌ・ジダンの監督就任によって風向きが変わりつつある。この同胞を気に入るジダンは最近、今後のキャリアについてどんな見通しを持っているか、電話で本人に訪ねたという。

移籍専門記者による強化部門解説|レアル・マドリー編「相変わらずペレス会長のワンマン体制だ」

 一方、バルセロナのほうはあらゆる手を尽くして獲得の可能性を模索してきた。なかでも、もっともその気だったのがジョアン・ラポルタだ。15年夏のバルサ会長選挙で落選したため実現には至らなかったが、その公約にはポグバの獲得が含まれていた。

移籍専門記者による強化部門解説|バルセロナ編「今後は元ミランSDの存在感が高まる可能性も」
【関連記事】
【セリエA現地コラム】二桁順位から2位まで浮上。ユベントスはなぜ復活できたのか?
【移籍専門記者のマル秘情報】争奪戦が激化する逸材A・ゴメス。代理人メンデスの手引きでモウリーニョの監督就任が確実なユナイテッドへ?
【移籍専門記者コラム】中国の「爆買い」が止まらない。欧州に数々のビッグオファーを送る
【移籍専門記者のマル秘情報】グアルディオラとモウリーニョのマンチェスター行きが確実に‼ チェルシーはカルチョの名将2人に興味
【移籍専門記者のマル秘情報】ベニテス留任ならイスコのユーベ移籍は成立していた!? ジダン就任でポグバ争奪戦も新展開へ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ