【リオ五輪予選】サウジ戦プレビュー最新版|イラン戦見据えた選手起用とシステム採用も。3名の初出場が濃厚に

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月19日

新システム「4-3-3」の可能性を見出したい。

サウジアラビア戦ではこれまでの4-4-2ではなく、4-3-3を採用する可能性も。フィールドプレーヤーは、グループリーグ3戦で全員が出場することになる。

画像を見る

 1月16日のタイ戦に勝利し、すでにグループリーグ1位突破を決めている日本にとって第3戦のサウジアラビア戦は新たな選手とシステムを試す機会となりそうだ。
 
 サウジアラビア戦に向けた前日練習では、股関節回りに炎症が見られた鈴木はホテル待機となり、タイ戦で右足を打撲した室屋も別メニュー。北朝鮮戦、タイ戦でともにフル出場した岩波と遠藤は途中からランニングメニューに移り、この4人の出場はないと見て良いだろう。
 
 そのなかで手倉森監督は「システムはいろいろ変わります。ひとつ違ったシステムでスタートしたら、途中から戻すのか、そのままにするのか、メンバー交代などによって変更します」と話す。この言葉から考えれば、通常の4-4-2ではなく、タイ戦の途中にも考えたという「3ボランチ」(手倉森監督)を採用した4-3-3でスタートする可能性がある。
 
 4-3-3であれば、GKには2戦フル出場中の櫛引に代わり杉本、最終ラインは左から山中、植田、奈良、松原、アンカーに三竿が入り、インサイドハーフには大島と井手口、前線3枚は左から中島、オナイウ、南野という並びか。
 
 注目は右膝の負傷から復帰した松原とともに初出場を果たせそうな井手口と三竿だ。松原は「クロスや運動量といった自分の特長を出して、しっかりチームに貢献したい」と意気込む。井手口も「これまでの悔しさをぶつけて勝利を掴みたい」と語っている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ