【リオ五輪予選】相手はイラン!? 準々決勝は実質“中5日”の追い風を活かせるか?

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月18日

第2戦終了時の状況ではイランとの対戦が濃厚。

すでに決勝トーナメント進出を決めた日本。準々決勝を見据えて第3戦に臨めるのは大きなアドバンテージだ。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 グループBの第2戦、タイ戦で勝利を掴んだU-23日本代表は早々に1位での決勝トーナメント進出を決めた。元々1位通過でも2位通過でもグループAを突破した国と対戦することが決まっていたため、日本の決勝トーナメント初戦(準々決勝)の相手はグループAの2位チームとなった。そこでまずはグループAの現状を整理してみたい。
 
1位 カタール(勝点6)
2位 イラン(勝点3)
3位 シリア(勝点3)
4位 中国(勝点0)
 
 1位に立つのは開催国のカタール。続いてイランとシリアが続く(勝点ではイランとシリアが並ぶもも直接対決でイランが勝っているため)。ちなみに最終戦は日本時間19日の深夜1時半から行なわれ、カタールがシリアと、イランが中国と対戦する。開催国のカタールは勝点を落とすとは考えにくく、イランはいまだ未勝利の中国との試合と考えると、日本の相手は2位でグループリーグを突破しそうなイランが濃厚だと言えるだろう。
 
 日本はイランと2014年1月のU-22アジア選手権で対戦し、3-3のドロー劇を演じた。ただ、当時は2年後のリオ五輪最終予選を見据え、日本はU-21代表として大会に臨んでおり、いわばイランは年上のチームであった。そのため同年代として真剣勝負をするのは今回が初となる。
 
 そのなか、日本は1位突破を決めたことで日程のアドバンテージを得た。元々、日本より1日早く開幕を迎えたグループAは準々決勝まで中3日、日本は最終戦から中2日と、不利な状況にあった。
 
 しかし、すでに1位突破を決めた日本はグループリーグ最終戦のサウジアラビア戦を含め中5日での調整を行なうことができる。恵まれたこの“3日”のアドバンテージは非常に大きな恵みと言える。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ