• トップ
  • ニュース一覧
  • 「大きな手応えを感じられた」日本一に輝いた明秀日立、萬場監督が快進撃のきっかけを掴んだ静学戦を回想。指導法の変化も明かす【総体】

「大きな手応えを感じられた」日本一に輝いた明秀日立、萬場監督が快進撃のきっかけを掴んだ静学戦を回想。指導法の変化も明かす【総体】

カテゴリ:高校・ユース・その他

野口一郎(サッカーダイジェストWeb編集部)

2023年08月05日

「質にこだわっていくのは、もっとやらなければいけない」

選手たちに胴上げされる萬場監督。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[インターハイ決勝] 桐光学園2(6PK7)2明秀日立/8月4日/花咲スポーツ公園陸上競技場

 8月4日に行なわれたインターハイ決勝で、明秀日立(茨城)は桐光学園(神奈川)と対戦。2-2で突入したPK戦を7-6で制して、初優勝を飾った。

 前半11分と19分にFW柴田健成のゴールで2点をするも、同32分に失点すると、後半16分に同点弾を浴びる。延長戦でも勝負を決められず、PK戦では相手とともに6人目まで全員成功する手に汗握る展開となったが、激戦を制した。

 日本一の指揮官となった萬場努監督は、試合後に「まだまだ課題がある」としつつも、「今大会に関しては、うちのチームの努力が見合った結果になったのは、素直にうれしい」と喜びを語った。

 2ゴールに関しても高く評価した。

 柴田の先制弾は、見事なコンビネーションから生まれた。右サイドでFW石橋鞘が柴田とのパス交換を使って前進すると、ヒールパスを受けたDF長谷川幸蔵が敵陣深くまで持ち上がり、折り返す。これに柴田が左足で合わせて押し込んだ。指揮官は「練習でやるより良かった。大舞台でも落ち着いていると、すごく嬉しい誤算だった」と笑う。
【PHOTO】優勝候補を続々撃破!勢いそのままにインターハイを制した明秀日立イレブンの笑顔を厳選!
 2点目は、ハーフウェーライン付近からMF大原大和が出した縦パスにFW熊﨑栄太が反応。相手DFとの競り合いでこぼれたボールを、柴田が相手GKをフェイントで翻弄してから左足で流し込んだ。

 萬場監督は「縦に差し込んでスピードを上げる。柴田がそこにいてくれて取れた。あれは理想的な取り方だった」と満足げだった。

 一方、前半のうちに1点を返されたシーンを「セットプレー(の流れからの失点)は一瞬の気のゆるみは間違いなくあったかな。2-0で折り返すのと1点返されるのは全然違うので。そこは反省しないといけない」と振り返る。「まだまだサッカー選手として積み上げなければいけないのは、今日のゲームもより明確になった」とチームの手綱を締めた。

 初の頂点を掴み取った今大会、チームは1回戦で静岡学園(2-1)、3回戦で青森山田(1-0)と優勝候補を撃破した。指揮官は、大会をこう総括する

「頑張る姿勢は十分だと思うけど、質にこだわっていくのは、もっとやらなければいけないと、(初戦から決勝までの)6試合をやって気づかせてもらった」
【関連記事】
紙一重のファイナル!堅守速攻の明秀日立とサイド攻撃で主導権を握った桐光学園、まさにハイレベルな激闘【総体】
「来たな茨城の時代が」インターハイ初優勝の明秀日立に祝福の声が続々!「何度見ても涙が出る結末」
【総体】優秀選手31名が発表! 初制覇の明秀日立&準優勝の桐光学園から、それぞれ最多タイ7人が選出!
「マジか。凄いブロックに入ったな」強豪連破で日本一の明秀日立キャプテン、静岡学園&青森山田と“同じ山”で何を思った?【総体】
快進撃を続けるダークホース明秀日立の強みは何か。静岡学園、青森山田を撃破し4強入り【総体】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ