• トップ
  • ニュース一覧
  • 快進撃を続けるダークホース明秀日立の強みは何か。静岡学園、青森山田を撃破し4強入り【総体】

快進撃を続けるダークホース明秀日立の強みは何か。静岡学園、青森山田を撃破し4強入り【総体】

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2023年08月02日

準々決勝では高知に1-0で勝利

東西のプレミアリーグ首位チームを倒し、ベスト4進出を掴んだ明秀日立。写真:森田将義

画像を見る

 1回戦はプレミアリーグWEST首位の静岡学園(静岡)を2-1で撃破。3回戦ではプレミアリーグEAST首位の青森山田(青森)を1-0で下し、今大会のダークホースとなっている明秀日立(茨城)。迎えた準々決勝でも勢いは止まらず、高知(高知)を1-0で破り、初のベスト4進出を決めた。

「今日のゲームの質で言えば、正直かなり低かったように僕は感じています。ゲームの質だけで言えば、このステージのゲームではないと思っています」

 明秀日立の萬場努監督がきっぱり言い切ったように、反省点を挙げればキリがないかもしれない。だが、2回戦からの登場となった高知に対し、明秀日立は初戦からの登場で1試合多く試合をこなしているため、体力の消耗は激しい。そして、何より萬場監督は、上手く行かなくても勝ち切るのが大事だと過去の経験で身を持って知っている。

 今から約7年前。2017年度の選手権で明秀日立は、MF西矢健人(現:FC大阪)、DF深澤佑太(現:愛媛FC)を擁し、優勝候補の一角に挙げられていた大阪桐蔭にPK戦の末に勝利し、初のベスト8進出。そのままの勢いで日本一まで駆け上がろうとしたが、準々決勝では同じダークホースの上田西に競り負け、涙をのんだ。

「それまでは練習試合でも負けたことがなくて、私たち自身も少し緩みがあったのが、すごく良い教訓になった。だから、今日は『明秀日立って面白いな』とみんなが見てくれているからこそ、手堅く勝ち取るほうが強くあるべきだろうと試合前から言っていました」(萬場監督)
【PHOTO】堀北・ガッキー・広瀬姉妹! 初代から最新18代目の凛美まで「歴代応援マネージャー」を一挙公開!
「ここで負けたら、静学に勝ったのもたまたまなのかと思われてしまう。青森山田戦のあとも、2回戦とこの準々決勝が大事な試合と話していた」。そう続けるのは、ゲームキャプテンを務めるDF山本凌(3年)。

 前半から攻撃の部分では上手く行かない場面も多かったが、これまでの勝ち上がり同様、粘り強さと集中力を保った守りでゴールを許さない。終盤に差し掛かった後半15分には、10番のFW根岸隼(3年)とMF竹花龍生(3年)を同時投入。クーリングブレイクを挟んだ9分後には、竹花が見事なファインショットを決めて、勝利に導いた。
 
 今大会は、交替策が見事にハマり、6得点中5得点が試合終盤に生まれたゴール。特に、本来ならエース級ながらも、今シーズンは怪我で出遅れたため交替の切り札として重宝される根岸は、静岡学園戦と青森山田戦で決勝点を奪うなど大暴れしている。

「竹花もそうですが、先発起用できるような子を取っておけるのが、今の強みだと思っています」(萬場監督)

 東西のプレミアリーグ首位チームを倒した明秀日立がベスト4を掴んで、その実力が本物だと証明してみせた。元々、今大会は1回戦から決勝までの6試合すべて戦うことを想定し、事前に3連戦後に1日の休日を挟んで、また3連戦を戦うスケジュールを経験している。練習試合と全国大会では緊張も体力の消耗もまったく違い、「今日はみんな身体が重かった」と山本は話す。萬場監督もそれは痛感しているからこそ、こう口にする。

「ここからは、どちらかというと精神力のほうが求められるんじゃないか。『本気で日本一を目ざしに来たな、コイツ』と見てもらえるかどうかが試される2日間になるかなと思っています」

 これまでの勝ち上がりを無駄にしないためにも、準決勝と決勝の残り2日間、明秀日立は本気で頂点を狙いに行く。

取材・文●森田将義

【画像】帝京、国見、鹿実、市船… 強豪校別 歴代ベストイレブン!

桐光学園、明秀日立が4強に! 日大藤沢は市立船橋を1-0撃破、国見は矢板中央にPK勝ち【総体 準々決勝まとめ】

「『国見復活』と言われたのですが...」抜本的な変革をもたらした指揮官・木藤健太。インハイ4強も「驚きはない」【総体】
【関連記事】
桐光学園、明秀日立が4強に! 日大藤沢は市立船橋を1-0撃破、国見は矢板中央にPK勝ち【総体 準々決勝まとめ】
「『国見復活』と言われたのですが...」抜本的な変革をもたらした指揮官・木藤健太。インハイ4強も「驚きはない」【総体】
失意のPK失敗...うずくまる山元敦琥を慰める輪。決死の覚悟で矢板中央を支えたMFは、間違いなくチームの中心だった【総体】
“突き放すサッカー”で一人二役をこなすMF岡田生都。日大藤沢の躍進を支えるダイナミックかつ緻密なセンス【総体】
なぜ高知高のサッカーは面白い? 大坪裕典監督が前指揮官の築き上げたチームに加えた“エッセンス”【総体】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ