• トップ
  • ニュース一覧
  • 金田喜稔がペルー戦を斬る!「W杯後で最高のゲーム。菅原は新たな発見、古橋は今回のような試合で結果を出せないようじゃ...」

金田喜稔がペルー戦を斬る!「W杯後で最高のゲーム。菅原は新たな発見、古橋は今回のような試合で結果を出せないようじゃ...」

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年06月21日

攻守の切り替えもものすごく速かった

日本代表はペルーに4-1の快勝。6月シリーズを2連勝で終えた。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[キリンチャレンジカップ]日本 4-1 ペルー/6月20日/パナソニックスタジアム吹田

 日本代表は国際親善試合のペルー戦で4-1の快勝。6-0の大勝を飾ったエルサルバドル戦に続いて大量得点を挙げ、6月シリーズを2連勝で終えた。

 とても良かったと思うし、全体的に見ても圧勝だった。これだけの試合を見せられたら、日本がもっと成長するには、FIFAランク20位よりもっと上のレベルのチームと戦わないと、と思わされるぐらいだよ。

 攻撃では、右サイドに人数をかけて数的優位を作り、ディフェンスではめてボール奪取。そのまま、人が多いので、ボールを回して崩していった。

 その分、スペースが生まれる左サイドにパスを入れられれば、三笘が1対1を仕掛けて、右サイドにいた選手がゴール前に飛び込んでいく。素晴らしい攻撃の形ができていた。

 また、守備も見事だった。中盤の選手は常にインターセプトを狙っていて、球際で激しく相手に身体をぶつけた。さらに、攻撃から守備への切り替えもものすごく速かったので、ペルーもお手上げ状態だったんじゃないかな。
 
 選手では伊東が、開始早々に相手にユニホームを引っ張られながらも果敢に突破を仕掛けて、勝負していくシーンが印象的だった。それだけではなく、守備でも足を止めなかったし、試合中、何本もプレスバックでしてボールを奪っていて、貢献度が高かった。

 両ウイングの伊東と三笘の個の能力の高さには、改めて驚かされた。これだけの力のある選手が両サイドにいる国は、そこまでないと思うよ。

 新キャプテンに任命された遠藤は、エルサルバドル戦ではスタメンではなかったけど、今回の試合で先発した途端、プライドを見せたよね。彼がチームにもたらす影響力の大きさはすさまじいものがある。

 回収力が高く、球際で身体を張って気持ちを見せていた。キャプテンがあれだけのプレーを見せたら、当然、ゲームは締まる。素晴らしかった。
【PHOTO】日本代表のペルー戦出場17選手&監督の採点・寸評。3人が「7.5点」の最高点、MOMは1ゴール・1アシストの7番
【関連記事】
【日本4-1ペルー|採点&寸評】南米の難敵を圧倒して4発快勝!3人が「7.5点」の最高点、MOMは…
「えげつない破壊力!」強豪ペルーに4発完勝を収めた日本代表を韓国メディアが手放し称賛!「2試合で10得点とは…」
韓国代表はエルサルバドルを相手に痛恨ドロー! 土壇場で追いつかれたクリンスマン・コリアに母国メディアは落胆「全試合失点の悪循環だ…」
「なんたる強さだ!」難敵ペルーを4発撃破した日本代表の実力に対戦国メディアが脱帽!「見事にしてやられた」
「クソッたれが」森保ジャパンに惨敗したペルー代表、母国ファンは怒り!「愚かさは完全なジョーク」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ