• トップ
  • ニュース一覧
  • 日本のGS敗退が決定…“右SB”高井幸大が悔やむ最後の失点「違うポジションで出ていたのは関係ない。サッカーIQを高めないと」【U-20W杯】

日本のGS敗退が決定…“右SB”高井幸大が悔やむ最後の失点「違うポジションで出ていたのは関係ない。サッカーIQを高めないと」【U-20W杯】

カテゴリ:日本代表

松尾祐希

2023年05月29日

引き分け以上でGS突破を確定できたが…

イスラエル戦翌日、チームは練習を実施。選手たちの心境は複雑だったに違いない。写真:松尾祐希

画像を見る

 悔やんでも悔やみ切れない――。初の国際舞台で一生忘れられない苦い経験だった。

「最後の試合は絶対に勝たないといけなかった」

 イスラエル戦を振り返り、失点に絡んだプレーも含め、一夜明けてもDF高井幸大(川崎)は自責の念に駆られていた。

 コロナ禍の影響で2019年度以来の開催となったU-20ワールドカップ。大会直前で開催地がインドネシアからアルゼンチンに変更されるアクシデントに見舞われたが、U-20日本代表は地球の裏側でグループステージ(GS)の3試合を戦った。

 結果は1勝2敗のグループ3位。5月27日に行なわれたイスラエルとの最終戦は、引き分け以上でGS突破を確定させられる状況下だったが、先制しながらも、その後に2失点。

 相手は退場者を出し、数的優位のアドバンテージを活かせず、まさかの逆転負けで3位に転落。それでも、各組3位の上位4か国に与えられるノックアウトステージ進出の権利を手にする可能性がわずかにあった。

 しかし、現地時間28日の15時から行なわれたグループEのチュニジア対ウルグアイの一戦は、1-0で後者に軍配が上がった結果、日本のノックアウトステージ進出の可能性が消滅。U-20ワールドカップにおけるGS敗退は、2001年のアルゼンチン大会以来となった。
 
 情勢が決まるまで待たなければならないなか、U-20日本代表は28日の午前中にメンドーサ市内でリカバリートレーニングを行なった。敗戦から一夜明けた選手たちの心境は複雑だったに違いない。しかし、もう1試合戦えることを信じて汗を流した。

 そのなかで、GSの3試合すべてにフル出場を果たした高井は、前日のイスラエル戦を誰よりも悔やんでいた。本職はCBながら、チーム事情で慣れない右SBでプレーしたが、2失点に絡んだコロンビア戦に続き、イスラエル戦では逆転弾に関与してしまったからだ。

 1-1で迎えたイスラエル戦のアディショナルタイム。表示された7分間を守り切れば、2位でノックアウトステージ進出が決まる。しかし――。

 90+1分、ゴール前にボールが入ると、混戦からスタヴ・レヴィキンがヒールパスでGKの前にパスを入れる。これをオメル・シニアに押し込まれて逆転を許した。

 決まった瞬間、選手たちはオフサイドの確認で一様に手をあげたのだが、審判の判定は変わらず。VARで映像を確認されることもなく、そのまま試合が再開された。
 
【関連記事】
「センセーショナルな大惨事」U-20日本代表、数的優位でまさかの逆転負けに伊紙がばっさり「ひどい冗談」
「なぜ日本は手を打たないのか」敵将に弱点を見破られたU-20代表にブラジル人記者が苦言「19歳には見えない」と称賛したのは?【U-20W杯】
【採点寸評|U-20日本代表】試合の入りは悪くなかったが…数的優位も活かせずまさかの逆転負け[U-20W杯 日本1-2イスラエル]
「びびって守備に回って…」松木玖生が大事にした“勝負に対する気持ち”が命運分ける。自身を含め、矢印を向けきれず【U-20W杯】
うつむきながら言葉を紡ぐ。佐野航大、2つの悔恨。イスラエル戦の苦い記憶はきっと財産になるはずだ【U-20W杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版!
    11月30日発売
    ヴィッセル神戸
    J1優勝記念増刊号
    盛り沢山の充実企画に
    特製ジャンボポスターも
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 福岡が初タイトルを奪取!!
    11月10日発売
    歓喜のルヴァンカップ初制覇
    アビスパ福岡
    記念インタビューなど永久保存版
    J2制覇の町田の特集も必見!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト マンCを一大特集
    11月16日発売
    MANCHESTER CITY
    シティの野望
    進化を続ける最強軍団
    その可能性とビジンに迫る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ