• トップ
  • ニュース一覧
  • 【識者が選ぶJ歴代ベストイレブン】俊輔の左サイドから巻くクロスは唯一無二。走力と献身性が抜群の駒野はもっと評価されていい

【識者が選ぶJ歴代ベストイレブン】俊輔の左サイドから巻くクロスは唯一無二。走力と献身性が抜群の駒野はもっと評価されていい

カテゴリ:Jリーグ

元川悦子

2023年05月08日

FWは大久保抜きに語れない

元川氏が選出した歴代ベストイレブン。MVPは“ウルトラレフティ”俊輔だ。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 Jリーグ30周年の特別企画。歴代ベストイレブンを選ぶならどんな顔触れになるか。そしてMVPは? フリーライターの元川悦子氏にセレクトしてもらった。

――◆――◆――

 Jリーグ30年を振り返ると、ストイコビッチやジョルジーニョ、マルキーニョスやレアンドロ・ダミアンなど、MVPを獲得した優れた外国人選手は何人もいる。だが、今回はあえてそういった助っ人を外し、日本人選手だけで歴代ベストイレブンとMVPを選んでみることにした。

 Jリーグ出場実績と、MVPやベストイレブンなどの実績、クラブのタイトルなど活躍度を踏まえると、海外で長くキャリアを過ごした中田英寿や本田圭佑、長友佑都、内田篤人といった面々は自ずと選外になる。国内でプレーした時間の長いプレーヤーが並ぶ形が順当と言える。

 そういった基準で考えると、FWはやはりJ1・191ゴールという最多得点記録の大久保嘉人を抜きには語れない。彼はMVP受賞歴こそないものの、ここ一番の決定力と圧倒的な数字、ヤンチャなキャラクターも含めて記憶に残るプレーヤー。ああいう選手はそうそう出てこないだろう。
 
 MFは人材豊富で迷いに迷ったが、二度のMVPを獲得した中村俊輔、30代後半になっても突き抜けた存在感を誇る家長昭博、J最多出場の43歳の鉄人・遠藤保仁、川崎を強豪クラブに押し上げた中村憲剛、鹿島不動のレジェンド・小笠原満男の5人を選んだ。

 4-2-3-1では彼らを上手く配置できないため、アンカーシステムの4-3-3を採用。それぞれの特長が出て、チームとしても機能するように工夫してみた。

 このうち俊輔はボランチ、右MFでも輝くが、左サイドからの巻いてくるクロスは他の誰にも蹴れない精度と迫力を備えている。トルシエジャパン時代はその役割を本人が嫌がっていたが、あのキックをもう一度、公式戦で見てみたいと思うのは筆者だけだろうか。懐かしい記憶も含めて、彼をMVPに選定し、ポジションも左サイドにした。

【画像】セルジオ越後、小野伸二、大久保嘉人、中村憲剛ら28名が厳選した「 J歴代ベスト11」を一挙公開!
【関連記事】
【識者が選ぶJ歴代ベストイレブン】最強“2001ジュビロ”に当てはめれば? 名波を囲むのは小笠原、遠藤、青山、中村
【識者が選ぶJ歴代ベストイレブン】名波や小笠原らはリーダーとして黄金期を牽引。別格の高揚感で三笘も選出
【識者が選ぶJ歴代ベストイレブン】とにかくかっこよかった松田直樹。輝き続けるカズは存在自体がサッカーの楽しさであり喜び
「衝撃的すぎた」「バケモン」オルンガが歴代最多の1試合で8発! 柏、大量13得点の“歴史的大勝”に脚光!【ベストアウォーズ】
「何年経っても何度でも泣ける試合」“3.11”後、初の試合で仙台が演じた逆転劇にファン感銘「一生忘れないと思う」【ベストアウォーズ】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ