【金沢】新戦力ロマリーニョは父ロマーリオと全ての面で一線を画す

カテゴリ:Jリーグ

沢田啓明

2015年12月08日

プレースタイルも性格も父親とは一線を画す。

名門ヴァスコの下部組織で育ったロマリーニョだが、トップチームではほとんど実績を残せず。心機一転、J2のツエーゲン金沢への移籍を決断した。(C)Getty Images

画像を見る

 11月26日、J2のツエーゲン金沢が完全移籍での獲得を発表したロマリーニョ。セレソンの往年の名ストライカー、ロマーリオを父に持つアタッカーの肖像に迫る――。
 
――◆――◆――
 
 この若者のドングリ眼を見て、舌足らずな話し方を聞けば、小柄ながら抜群の決定力を発揮してバルセロナやブラジル代表などで得点を量産した偉大なストライカーを連想するはずだ。
 
 父親がバルサ在籍中の1993年9月20日、バルセロナで生まれた。22歳になった現在は179センチ・75キロと父親より背は高いが、細身な肉体をしている。
 
 主として右サイドのタッチライン沿いに張り、スピードとテクニックを生かしたドリブルで敵陣を突破し、柔らかいクロスを入れるプレーが十八番。中へ切れ込んで強引にシュートする意識は乏しく、ゴールエリア近辺に陣取って常に貪欲に得点を狙った父親とは一線を画すプレースタイルだ。
 
 性格もまさに正反対。温和な本人も、「(名うてのトラブルメーカーだった)親父と違って、僕は謙虚で控え目なんだ」と笑う。育ちの良さを感じさせる半面、逞しさには欠ける印象を受ける。
 
 かつて父親が所属したリオデジャネイロの名門ヴァスコの下部組織に13歳で加入し、順調に年齢別のチームを駆け上がる。しかし、トップチームではチャンスを得られず、2012年末に首都ブラジリアの中堅クラブ、ブラジリエンセへレンタル移籍。翌年の全国リーグ3部などで5試合に出場して1得点に終わり、昨年も全国リーグ4部などで6試合プレーしたが無得点に終わった。
 
 今年初めにヴァスコへ復帰。コパ・ド・ブラジル(国内カップ戦)で2試合、全国リーグ1部で2試合に出場したが、得点はなかった。そして、11月26日、J2のツエーゲン金沢への完全移籍が決定した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカランダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ