【千葉】21年の現役生活にピリオドを打った鈴木隆行。引退の裏側に隠された秘めたる想いとは?

カテゴリ:Jリーグ

加茂郁実

2015年12月08日

“次”への想いが強まり……。

引退会見へと臨んだ鈴木。21年のプロ生活にピリオドを打った理由などを語った。写真:加茂郁実(フリーライター)

画像を見る

 12月7日、かつて日本代表として活躍し、11クラブを渡り歩いた鈴木隆行が21年の現役生活にピリオドを打った。
 
 今シーズンの開幕前、千葉への加入が決まった際には「契約前に千葉のキャンプに練習生として参加したけど、もしオファーがなければ引退しようと考えていた」と語るなど、決断の時が近いことは醸し出していた。
 
 ただ、この1年、若手とともに遅い時間まで練習に励み、誰よりもサッカーを熱く語り、ことあるごとに「サッカーを続けたい」とも吐露していた。その男が引退を決断した理由はなんだったのか――。
 
「10月頃、練習が終わった後にふと引退しようと考えました。チームが決まらず、アメリカでプレーできなかった時期ですら、サッカーを辞めたくないという想いがありました。ただ、この時期になってそういう気持ちがなくなっていた。サッカーをやりたいという想いよりも、次に進みたいという気持ちの方が強くなったんです」
 
“次”が指すのは指導者である。現在、日本サッカー協会のA級ライセンスは取得済みで、Jリーグの監督を務められるS級ライセンス取得に向けても動き出している。
 
「できるだけ早いうちに取得して、指導者、監督になりたい」
 
 プロになったばかりの頃、引退後にサッカーに関わる仕事をしようとはまったく思っていなかった。だが、5年ほど前からその心境に変化が生まれた。それは、もっとサッカー界を良くしたいという想いであり、水戸や千葉の選手と接しているうちに強くなったという。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ