【ルーツ探訪】G大阪・米倉恒貴|CS決勝・第2戦はスタメン濃厚! 急成長を支えるのは少年時代から不変のひたむきさ

カテゴリ:Jリーグ

安藤隆人

2015年12月04日

小学校時代は「亮平のほうが速かったし特長が際立っていた」

昨季から今季にかけて飛躍の時を迎えている米倉。そのポテンシャルを育んだ少年時代に迫った。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 JFLも経験したルーキー時代を経て、そこから着実に階段を駆け上がると、昨季はG大阪の三冠達成にも貢献し、今年7月にはA代表にも選出された。12月5日のJリーグチャンピオンシップ決勝・第2戦では、G大阪が逆転優勝を狙うこのゲームでのスタメンも濃厚だ。そんな米倉の急成長の土台となったのは、親友と切磋琢磨しながら目標に向かって邁進した日々だった。
 
――◆――◆――
 
 生真面目な彼を中心に、仲間が集まって楽しいサッカーをする。米倉恒貴の少年時代は、この連鎖によって育まれた。
 
 1988年5月17日。米倉は千葉県千葉市で生まれた。サッカーをやっていた父と、その道に倣ってサッカーを始めた4歳上の兄の影響を受け、小学1年の時から自然とこのスポーツにのめり込んだ。
 
 地元のクラブチームである西小中台FCでプレーし、高いパスセンスと技術を買われ、5年時からスタートする地域選抜チーム『FC千葉なのはな』の一員としても活動。スペイン遠征も経験したが、その際にエスパニョールとの試合で、骨折するアクシデントに見舞われた。
 
「せっかくの海外遠征だったのに、彼は怪我で残りの試合に出られなかった。ただそれでも、あっけらかんとしていた(笑)。やんちゃで素直って感じでしたね」
 
 こう語るのは縄田健司氏。現在はFC千葉なのはなの監督を務める一方、なのはな接骨院を経営し、習志野高サッカー部のトレーナーとしても活動する。当時、スペイン遠征に帯同し、米倉らを指導した。
 
「彼は本当に小さかったけど、空間把握能力や基礎技術は高かった。でも県選抜にも入っていなかったし、決して目立つ存在ではなかったのも事実。むしろ亮平のほうが速いし、特長が際立っていた」(縄田)
 
 この『亮平』とは、現在アルビレックス新潟でプレーする山崎亮平だ。米倉と幼なじみで、小学、中学、高校と同じ道を歩んだ親友でもある。スピードに乗ったドリブルと高い決定力を持つ山崎のほうが目立つ存在で、身体が小さい米倉はどうしても見劣りしたという。だが、親友の存在が、のちのち米倉を上のステージに引き上げる要因となる。
 
 小学6年生の時に大きな転機が訪れた。縄田が中心となり、それまでジュニアチームだけ活動していたFC千葉なのはなに、ジュニアユースチームが作られたのだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ