• トップ
  • ニュース一覧
  • 【采配検証】三笘への期待が依存傾向へ…切り札の活用法は検討の余地あり。しばらくはウルグアイ戦のラインナップが軸か

【采配検証】三笘への期待が依存傾向へ…切り札の活用法は検討の余地あり。しばらくはウルグアイ戦のラインナップが軸か

カテゴリ:日本代表

加部 究

2023年03月25日

収穫は守備陣の安定感

日本はウルグアイと1-1ドロー。三笘は縦への仕掛けを封じられた印象だ。写真:サッカーダイジェスト/JMPA代表撮影

画像を見る

[キリンチャレンジカップ]日本 1-1 ウルグアイ/3月24日/国立競技場

 森保一監督が何度も繰り返したように、メンバー選考からして3年後を如実に意識したスタートとなった。そういう意味で今後は、指揮官の選手を見極める眼が試されていくことになる。

 まず収穫を挙げれば、GKシュミット・ダニエルを含めて人選を刷新し、あるいは組み替えて送り出した守備陣の安定ぶりだ。特に右SBの菅原由勢は、どちらかと言えば懸念材料だった守備面での対応も問題なく、攻撃では何度かワンタッチでの鋭いパスで局面を好転させ、特性を発揮した。板倉滉とCBでコンビを組んだ瀬古歩夢も、難敵を相手に終始落ち着いた対応を見せ、大過なく終えた。

 一方、シュミットは、期待値の高かったフィードでは味方との連係で課題を残し、後半は不安定さも露呈した。まだウルグアイの守護神ロシェの精度に比べてしまうと見劣りは否めないが、それでもハイボールへの対応などでは一応、存在感は示した。

 当然GKは今回招集されていない選手たちも含めて競争が激化していくはずだが、とりあえずこの日のシュミットのパフォーマンスがひとつの基準となりそうだ。
 
 森保監督も「強い相手に先制され、かなりバタつくことも想像したが素晴らしかった」と収穫を口にしており、中核として期待されていた冨安健洋が故障のスパイラルに陥っている状況を考えても、しばらくはウルグアイ戦のラインナップが軸になっていくはずだ。

 ただし、まだワールドカップを終えて4か月程度である。今更ながら、菅原や瀬古に早々と見切りをつけた判断は悔やまれる。

 一方で攻守両面の安定を担保したのはキャプテンマークを託した遠藤航で、相変わらず不可欠の存在として際立っていた。同じくボランチの守田英正が故障明けの影響か、珍しく前半から致命傷になりかねないミスが続き、後半から途中出場した田中碧も精彩を欠いたので、逆にこのポジションは新しい構想が割って入る余地を残した。
 
【関連記事】
「三笘と堂安がまた問題を起こした!」ウルグアイと引き分けた森保ジャパンをスペイン紙が批評!「やはり日本はダイナミック」
【日本1-1ウルグアイ|採点&寸評】先発の攻撃陣は軒並み厳しい評価。MOMは同点弾の西村ではなく…
W杯のコスタリカ戦に続きウルグアイ戦でも…。三笘と伊藤の同サイド起用はリスキーか
「自分の役割が整理ができなかった」「フリーズした」第二次森保ジャパンの“新戦術”、ピッチ上では混乱も…
「南米は荒っぽいんだ!」味方へのラフプレーに激高した韓国代表MFがコロンビア選手を突き飛ばす!「ハメスが止めてくれた」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ