ここ2か月で最高の出来を見せたサンプドリア戦。本田の立場は変わるのか?

カテゴリ:海外日本人

白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)

2015年11月29日

ラストパスで決定的チャンスをお膳立てする。

7戦連続の終盤投入となった本田。過去6試合には皆無だった決定的チャンスをお膳立てするシーンがあるなど、ポジティブなパフォーマンスを見せた。(C)Alberto LINGRIA

画像を見る

 11月28日のセリエA14節、ミランはサンプドリアを4-1で撃破した(試合レポートはこちら)。9試合連続のベンチスタートとなった本田は、4-0だった80分にチェルチと代わって右サイドハーフとして途中出場。7試合連続の試合終盤投入となった。
 
 登場からしばらくは守備に従事し、ファーストタッチは82分すぎ。敵陣右サイドでアバーテからボールを受けると、敵のプレスが緩かったため、ややセンターにボールを持ち出し、逆サイドにいたバッカにサイドチェンジのパスを通した。
 
 このゲームで最大の見せ場は85分。サンプドリアのシルベストレからレジーニへの緩いパスをハーフウェーライン付近でカットし、そのまま前線へダッシュ。こぼれ球を拾ったL・アドリアーノから縦パスをもらい、ペナルティーエリア手前で敵DFと1対1の状況に。ドリブル突破も仕掛けられる状況だったが、中央に走り込んできたフリーのバッカに左足でラストパスを供給。コロンビア代表FWはこれをダイレクトでシュートしたが、GKに弾かれて惜しくもゴールはならなかった。
 
 直後には縦のワンツーで突破を狙うが、これはアバーテのパスミスで失敗。88分にはペナルティーエリア内でこぼれ球に反応して右足でシュートしたが、ミートせず敵DFにクリアされた。
 
 91分には再びアバーテと縦のワンツーで抜け出して、ペナルティーエリア内に進入。パスに向けて必死にスプリントしたが、一歩届かず敵DFにカットされた。終了間際には自陣中央あたりの右サイドでボールを受け、敵陣左サイドのスペースにサイドチェンジのパス。ただ、これは相手に奪われ、このプレーを最後に試合終了のホイッスルが鳴り響いた。
【関連記事】
【現地発】本田は1月にウェストハムに移籍する――直感の根拠、そしてチームとの相性は?
【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「もはやお馴染みとなった“空虚”な終盤投入」
武藤、先制弾! マインツは相手の攻勢に苦しむも「マインダービー」を制す――マインツ 2-1 フランクフルト
ヴァーディーは大記録樹立、岡崎はミスでチャンスをフイに……明暗分かれた2トップ――レスター 1-1 マンチェスター・U
【クラブW杯来日記念!短期集中連載】バルサ戦士の素顔――Vol.5 スアレス、アドリアーノ、A・ビダル
【リーガ現地コラム】バロテッリにも喩えられるスペイン代表期待の逸材ウィリアムス

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ