• トップ
  • ニュース一覧
  • 【セルジオ越後の天国と地獄】すべての大会で結果を残しているガンバには、サンフレッチェやレッズを上回るチーム力がある

【セルジオ越後の天国と地獄】すべての大会で結果を残しているガンバには、サンフレッチェやレッズを上回るチーム力がある

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2015年11月26日

4ゴールを奪った61分からの5分間は圧巻だった。

逆転で3位の座を勝ち取り、チャンピオンシップにコマを進めたガンバ。かつてはJ2降格を経験も、昨季の三冠獲得で“強いガンバ”を完全に取り戻した。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2シーズン制が復活した今季のJ1は、サンフレッチェがセカンドステージを制すとともに、年間優勝も達成した。これでサンフレッチェは過去4シーズン中3シーズンで最も勝点を稼いだチームになったね。
 
 この背景には、森保監督のチームマネジメントはもちろん、フロントの力も大きいと僕は思う。
 
 サンフレッチェはここ数年、主力選手が次々と移籍したり、引き抜きに遭っている。ざっと名前を挙げると、李、森脇、西川、石原、髙萩……。それ以前にも絶対的なレギュラーだった柏木や槙野が移籍したのに、的確な補強でその穴をカバーしている。
 
 12年には塩谷を獲得し、14年には柏、林、柴﨑を獲得。その柴﨑と、今季獲得したドウグラスは、石原と髙萩にまさるとも劣らない活躍を見せた。
 
 森保監督が必要な選手をリクエストし、フロントがそれにしっかりと応えているのか、それともフロントがチームのスタイルを鑑みて、フィットする選手をピンポイントで獲得しているのか。実際のところは分からないけど、どちらにせよ、こうした的確な補強ができているのは、サンフレッチェとアントラーズの2チームだけだと言っていい。
 
 なかでもドウグラスは大ヒットだったね。まだチャンピオンシップが残っているけど、サンフレッチェが優勝したら、僕はドウグラスを今季のMVPに推したい。
 
 サンフレッチェと同じぐらい、いや、ある意味でそれ以上に評価したいのはガンバだ。
 
 ガンバは今季、ACLで準決勝まで勝ち上がり、ナビスコカップでも決勝に進出した。天皇杯でもまだ勝ち残っているし、ハリルホジッチ監督によって多くの選手が日本代表に選出され、カップ戦をベストメンバーで戦えなかったり、疲弊したりしたなかで、J1でも逆転で3位の座を勝ち取り、チャンピオンシップにコマを進めた。
 
 すべての大会で結果を残している点を見れば、サンフレッチェや2位のレッズを上回るチーム力がガンバにあると言える。
 
 勝利が義務付けられた最終節、モンテディオ相手にたたみかけて、4ゴールを奪った61分からの5分間は圧巻だった。一度はJ2に降格したけれど、昨季の三冠獲得で“強いガンバ”を完全に取り戻したようだ。
 
【関連記事】
【セルジオ越後の天国と地獄】やれチャンピオンシップだと興行を打つより、もっと先にやることはあるよ
【G大阪】広島戦は「どうしたガンバ?」を象徴。主力選手から漏れる「これが今のガンバの力」「チグハグしている」の嘆き節
【浦和】“今年最も走った”主将の阿部勇樹が関根貴大ら若手に背中で伝えた想い。「プロになる前からの仲間」という引退宣言した鈴木啓太と交わした約束とは?
【広島】20ゴールの大台突破でクラブの外国人選手シーズン最多得点者に。前線に化学反応をもたらしたドウグラスの功績
【セルジオ越後の天国と地獄】ガンバのACL敗退は、”パナソニックが負けた”とも言えるね

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ