【セルジオ越後の天国と地獄】すべての大会で結果を残しているガンバには、サンフレッチェやレッズを上回るチーム力がある

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2015年11月26日

4ゴールを奪った61分からの5分間は圧巻だった。

逆転で3位の座を勝ち取り、チャンピオンシップにコマを進めたガンバ。かつてはJ2降格を経験も、昨季の三冠獲得で“強いガンバ”を完全に取り戻した。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2シーズン制が復活した今季のJ1は、サンフレッチェがセカンドステージを制すとともに、年間優勝も達成した。これでサンフレッチェは過去4シーズン中3シーズンで最も勝点を稼いだチームになったね。
 
 この背景には、森保監督のチームマネジメントはもちろん、フロントの力も大きいと僕は思う。
 
 サンフレッチェはここ数年、主力選手が次々と移籍したり、引き抜きに遭っている。ざっと名前を挙げると、李、森脇、西川、石原、髙萩……。それ以前にも絶対的なレギュラーだった柏木や槙野が移籍したのに、的確な補強でその穴をカバーしている。
 
 12年には塩谷を獲得し、14年には柏、林、柴﨑を獲得。その柴﨑と、今季獲得したドウグラスは、石原と髙萩にまさるとも劣らない活躍を見せた。
 
 森保監督が必要な選手をリクエストし、フロントがそれにしっかりと応えているのか、それともフロントがチームのスタイルを鑑みて、フィットする選手をピンポイントで獲得しているのか。実際のところは分からないけど、どちらにせよ、こうした的確な補強ができているのは、サンフレッチェとアントラーズの2チームだけだと言っていい。
 
 なかでもドウグラスは大ヒットだったね。まだチャンピオンシップが残っているけど、サンフレッチェが優勝したら、僕はドウグラスを今季のMVPに推したい。
 
 サンフレッチェと同じぐらい、いや、ある意味でそれ以上に評価したいのはガンバだ。
 
 ガンバは今季、ACLで準決勝まで勝ち上がり、ナビスコカップでも決勝に進出した。天皇杯でもまだ勝ち残っているし、ハリルホジッチ監督によって多くの選手が日本代表に選出され、カップ戦をベストメンバーで戦えなかったり、疲弊したりしたなかで、J1でも逆転で3位の座を勝ち取り、チャンピオンシップにコマを進めた。
 
 すべての大会で結果を残している点を見れば、サンフレッチェや2位のレッズを上回るチーム力がガンバにあると言える。
 
 勝利が義務付けられた最終節、モンテディオ相手にたたみかけて、4ゴールを奪った61分からの5分間は圧巻だった。一度はJ2に降格したけれど、昨季の三冠獲得で“強いガンバ”を完全に取り戻したようだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ