【U-22日本代表】讃岐初の代表候補となった高橋祐治。ハングリー精神でラストサバイバルに懸ける 

カテゴリ:日本代表

小田智史(サッカーダイジェスト)

2015年11月25日

「1対1の強さやボール奪取の部分をアピールしたい」

24日は、前日にJ2の千葉戦にフル出場したためリカバリーのみ。25日の2部練習、そして最終日に予定されている湘南との練習試合で全力でアピールするつもりだ。 (C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 高橋がU-22日本代表候補に呼ばれたのは、約1年8か月ぶり。京都に在籍していた14年3月の東京合宿以来となる。今回の神奈川キャンプへの招集は、手倉森監督の「SBにフィジカルが強く、背の高い選手がほしい」という狙いが反映されたもの。本職はCBだが、今季期限付き移籍した讃岐でSBとして新境地を開拓したからこそ、舞い込んだ吉報だ。思いがけない展開に驚きつつも、高橋は残された短い時間のなかでなにをしなければいけないかを、必死に探っていた。
 
「この段階で呼ばれるイコール、今まで全然アピールができなかったということ。選ばれなかった期間は良いプレーができていなかったと思うし、とにかく上手くなることだけを考えて毎日を過ごしていました。こうして、活躍した時に呼んでもらって、短期間でどうアピールするか。まずは戦術をしっかり理解しなければいけないと思います」
 
 今回の合宿参加の反響は、思いのほか大きかった。讃岐のある香川県は、一昨年にJクラブ(カマタマーレ讃岐)が誕生したばかりで、サッカーの認知度や盛り上がりに関してまだ発展途上にある。そんななか、クラブとして初の代表候補戦士の誕生に、多くのサポーターが喜んでくれたという。その光景が、「これは頑張らなアカンな」と高橋に一層気を引き締めさせた。
 
 讃岐でのこの1年間で、いちサッカー選手として試合に出続けられることの喜びを噛み締めた。そのなかで、高橋が最も成長したのは1対1だ。元日本代表選手の上村健一コーチから「守備の人間(DF)なら、しっかりとした守備ができないといけない」と諭された。
 
 加えて、讃岐はまずは守備から入る、堅守速攻のチーム。ある意味、守備を“やらざるを得ない”状況に身を置き、それまでは避けがちだった1対1を楽しむようになった。今では、「(今回の合宿では)1対1の強さやボール奪取の部分をアピールしたい」と語るほどである。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ