• トップ
  • ニュース一覧
  • 「泣きそう」「鳥肌たちました」大一番で痛恨ミスの冨安健洋、アーセナル同僚が取った行動とサポーターの振る舞いが反響!「最高かよ」

「泣きそう」「鳥肌たちました」大一番で痛恨ミスの冨安健洋、アーセナル同僚が取った行動とサポーターの振る舞いが反響!「最高かよ」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年02月16日

「エミレーツのリアクションに感動!」

ミスを犯した冨安への気遣いが話題を呼んでいる。(C)Getty Images

画像を見る

 間違いなく痛恨のミスだった。それでも、周囲の温かい行動に賛辞が寄せられている。

 現地時間2月15日に開催されたプレミアリーグの第12節(延期分)で、冨安健洋が所属する首位のアーセナルは3ポイント差で2位のマンチェスター・シティとホームで対戦。1ー3で敗れ、1試合消化が少ないとはいえ、暫定で首位の座を明け渡した。

 この大一番で手痛いミスを犯したのが、右SBで先発起用された冨安だった。24分、前方からプレッシャーを受けたため、GKアーロン・ラムスデイルへバックパス、しかし、これが短くなってシティのデ・ブライネにかっさらわれ、無人のゴールにダイレクトシュートを決められてしまった。

 一瞬天を見上げた冨安に近寄ってきたチームメイトがいた。キャプテンのマーティン・ウーデゴーだ。「顔を上げろ」とばかりに18番の顎あたりをさわり、励ましたのだ。さらに、左SBのオレクサンドル・ジンチェンコも声を掛けに来ていた。
 
 一瞬沈黙したアーセナルのファンも、冨安のチャントでサポート。こうした温かい振る舞いに、ファンからは「ウーデゴールの顎クイみたいなんかっこよかった」「逆サイドにいるジンチェンコが駆け寄って声かけに来たり、サポーターからの全力Arsenalコール、ちょっと泣きそうになったな」「ウーデの顎クイや現地民のスーパートムは鳥肌がたちましたよ」「その後のエミレーツのリアクションに感動!」「冨安のチャントを大声で歌って励ます現地グーナー最高かよ」「失点後の『Super Tomiyasu!』の大合唱が良すぎた」といった声が上がっている。

 同僚とサポーターの行動に胸を熱くしたファンが少なくなったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】冨安の痛恨ミスから失点→反響を呼んでいる主将ウーデゴーの行動
【関連記事】
「トミヤスの重大なミスだ」冨安健洋の痛恨バックパスを元英代表伝説エースが酷評。デ・ブライネのシュートには「信じられない」
「7年間で1度も見たことがなかった」アルテタ監督が冨安健洋の痛恨ミスに言及。天王山での先発抜擢理由&試合後の様子も語る
首位攻防戦で痛恨の失態…冨安健洋に現地メディアは辛辣評価「自滅的なバックパス。衝撃的なミスだ」「ホワイトの先発復帰を期待」
首位攻防戦で先発抜擢のアーセナル冨安健洋が痛恨のミス。マンCの先制点に繋がるプレゼントパスにサポーターも茫然。現地メディア「ホームのファンは恐ろしい沈黙」
「ヒデさんが喋る度にみんな気にする」中村俊輔が明かした“ピリピリしていた”日本代表の雰囲気。森保ジャパン戦士は「昔はやばかったって…」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ