• トップ
  • ニュース一覧
  • 首位攻防戦で痛恨の失態…冨安健洋に現地メディアは辛辣評価「自滅的なバックパス。衝撃的なミスだ」「ホワイトの先発復帰を期待」

首位攻防戦で痛恨の失態…冨安健洋に現地メディアは辛辣評価「自滅的なバックパス。衝撃的なミスだ」「ホワイトの先発復帰を期待」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年02月16日

アーセナルはマンCに1-3で敗れ、首位陥落

プレミアリーグでは10試合ぶりに先発した冨安(左)だったが…。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間2月15日に開催された延期分のプレミアリーグ第12節で、冨安健洋が所属する首位のアーセナルは、勝点3差で2位のマンチェスター・シティとホームで対戦。先制を許した後に一度は追いつくも、最終的には1-3で大一番を落とし、首位の座を明け渡した。

 この一戦で冨安は10月30日のノッティンガム・フォレスト戦以来、リーグ戦10試合ぶりに先発し右SBに入る。ミケル・アルテタ監督の抜擢に応えたいところだったが、24分にGKアーロン・ラムスデイルへのバックパスが短くなったところを、ケビン・デ・ブライネに衝かれて被弾。先制点に繋がる痛恨のミスを犯した。

 試合のリズムを壊す失態に、現地メディアは総じて厳しい評価を下しており、『football.london』は「ジョルジーニョは見事だったが、トミヤスとガブリエウ(・マガリャンイス)は低調」と題した採点記事で最低タイの「5点」を付与。寸評にはこう綴っている。

「失点の場面では、ボールを後ろではなく、外に出すべきだったという明らかなエラーがあったが、トミヤスはそれ以前からパスとマークで調子が悪かった。後半は少し調子を取り戻した。2失点目の際にディフレクトさせたのはアンラッキーだった。とはいえ、(次戦の)ビラパークではベン・ホワイトの先発復帰を期待したい」
【動画】冨安がまさかのミス。プレゼントパスを受けたデ・ブライネが見事に先制弾
 また、『90min』と『Mirror』もそれぞれ「3点」と「6点」を付け、「前半に恥ずべきミスでアーセナルにダメージを与えた」「デ・ブライネに自滅的なバックパスを通した衝撃的なミス。イエローカードも受けた」と伝えている。

 日本代表DFは何とかミスを取り返そうと、82分にベン・ホワイトと代わってベンチに下がるまで必死のプレーを見せて奮闘。マッチアップしたジャック・グリーリッシュ相手にも的確な対応を見せていただけに、評価を下げる要因となった軽率なバックパスが悔やまれる。

 18日のアストン・ビラ戦で、アルテタ監督は冨安とホワイトのうち、どちらを先発起用するのか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!

【PHOTO】ベッカム、ロナウド、スナイデル…豪華な面々が勢揃い!カタールを訪れた各国の歴代レジェンドを一挙紹介

【PHOTO】まさにスタジアムの華! 現地入りしたワールドクラスたちの妻、恋人、パートナーら“WAGs”を一挙紹介!
【関連記事】
「泣きそう」「鳥肌たちました」大一番で痛恨ミスの冨安健洋、アーセナル同僚が取った行動とサポーターの振る舞いが反響!「最高かよ」
「7年間で1度も見たことがなかった」アルテタ監督が冨安健洋の痛恨ミスに言及。天王山での先発抜擢理由&試合後の様子も語る
首位攻防戦で先発抜擢のアーセナル冨安健洋が痛恨のミス。マンCの先制点に繋がるプレゼントパスにサポーターも茫然。現地メディア「ホームのファンは恐ろしい沈黙」
「三笘と比べずにはいられない」リバプール関心の日本人アタッカーに英メディアが太鼓判!「獲得すればクロップの攻撃陣はかつての姿を取り戻す」
「間違いなく彼が日本代表の中で一番素晴らしい」鎌田大地が賞賛したサムライ戦士は? 「すごく活躍している」三笘薫ではなく…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ