• トップ
  • ニュース一覧
  • 「イライラしていた」劇的弾の三笘薫が明かした本音。急速に高まる注目度を実感も「プレッシャーを楽しんでいる」「川崎ではいつも…」

「イライラしていた」劇的弾の三笘薫が明かした本音。急速に高まる注目度を実感も「プレッシャーを楽しんでいる」「川崎ではいつも…」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2023年02月08日

「ゲームの質を改善しなければいけないと思う」

躍動する三笘が現状について語った。(C)Getty Images

画像を見る

 周知の通り、現地2月4日に開催されたプレミアリーグの第22節で、ブライトンの三笘薫は1-0の劇的勝利に導く決勝ゴールをヘッドで叩き込んだ。

 だが本人は、試合内容に満足していないようだ。クラブ公式のインタビューで「ボーンマス戦でのパフォーマンスには満足できなかったし、そのような形(ゴールなし)で試合が終わったら最悪だと感じた」と語っている。

「時間が経つにつれ、もっとできるはずだとイライラしていた。引き分けだったら悔しかったので、得点できて良かった。これを教訓に学ばなければいけませんね」

 これでプレミアリーグのここ5試合で4ゴール。「すべての試合でゴールを決めようとしている。そうすれば勢いに乗ることができる」と話す25歳は、「気にしていないけど、人々が僕に注目しているのは事実で、ある意味でそのプレッシャーを楽しんでいるよ」と続けている。

「今は毎試合、ゴールかアシストができればいいと思っているし、うまくいっているよ」

【動画】「やばすぎる」「ポジショニングよすぎる」とファン衝撃!三笘薫が決めた渾身のヘッド弾
 また、FAカップ4回戦のリバプール戦で決めた“空中ダブルタッチ弾”が日本で大きな話題になったことについても言及している。

「日本で大きなニュースになったのは知っているし、それを感じたよ。死にかけていた瞬間だったので、僕たちも大きな喜びを感じていた。とにかく、皆がもっと僕に注目してくれうれしいよ」

 チームはワールドカップ後のプレミアリーグ6試合で4勝を挙げている。日本代表アタッカーは「川崎フロンターレでは、常に試合に勝っていた。いま、僕は同じようなメンタリティでプレーしている。失点せず、最後まで試合に勝とうとしている」と明かしている。

「(ボーンマス戦では)辛抱強く戦ったけど、守備の強いチームに対してはもっと押し込む必要があると改めて感じた。ゲームの質を改善しなければいけないと思う」

 日に日に注目が増すなか、プレッシャーさえ楽しんでいるという三笘。さらなる高みを目ざし、世界最高峰の舞台で挑戦を続ける。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】「ガチでやばい」「フェイント上手すぎてカメラマン騙されてる」日本でも話題となったリバプール戦のスーパーゴール
【関連記事】
アーセナルは三笘薫と契約すべきか。現地の見解は? 「日本のドリブル王はイングランドを席巻」「成功に疑いを持っている人は…」
「活躍が続けばチェルシーが公式に動き出す」英席巻の三笘薫、ビッグクラブの争奪戦を地元メディアが予測!「見ていて楽しい選手だ」
「信じられない!なんという発見だ」無双する三笘薫に、元英代表デフォーも驚愕!「3年前は大学でドリブルの研究をしていたのに、今では…」
「チェルシーはミトマを獲得すべきだ」アーセナル移籍が浮上の三笘薫、元英代表FWは48億円での“再強奪”を主張!「彼の能力は誰の目にも明らか。ビッグクラブがオファーしなかったら驚き」
「信じられない仕事ぶりだ!」7戦5発の三笘薫に、昨季から共闘するドイツ人同僚FWも驚嘆!「今やチームのスター」「ベルギー時代より…」  

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ