【藤田俊哉の目】指揮官の頭を悩ます「柏木」という選択肢

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェスト編集部

2015年11月14日

2次予選は“ファーストチョイス”の見極めの場。

香川の代役として、トップ下で及第点の働きを見せた清武。ハリルホジッチ監督もそのパフォーマンスに満足したはずだ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 11月12日のシンガポール戦。日本は危なげない戦いを見せながら勝点3を手にしたね。この内容や結果については、誰もが納得のいくものだったんじゃないかな。

【PHOTOギャラリー|シンガポール 0-3 日本】
 
 ハリルジャパンに初めて招集された金崎が代表初ゴールを決めたし、香川の代役としてトップ下を務めた清武のパフォーマンスも良かった。約3年ぶりに日本代表のスタメンに返り咲いた柏木も、スムーズにチームにフィットしていたように感じた。
 
 この“新しい3人”の活躍をどのメディアも賞賛していたけれど、誰よりもそれを望んでいたのはハリルホジッチ監督だっただろう。
 
 ずっと言い続けていることだけど、ワールドカップ2次予選の対戦相手のレベルを考えたら、すべての試合は完勝して当然だよ。前回のシンガポール戦はたまたま2次予選の初戦で、しかも満員のホームスタジアム。過度のプレッシャーがかかって、しかも相手GKの”当たり日”だった。スコアレスドローに終わったあの試合は、日本にとって本当にアンラッキーだったと言うしかない。
 
 つまり僕が言いたいのは、2次予選はあくまで大会のレギュレーション上、戦わざるを得ないだけであって、日本の実力や立ち位置を考えれば、本来はシードになって出場しなくてもいいくらいだと思っている。
 
 極論を言えば、2次予選は来たるべき最終予選の“ファーストチョイス”の見極めの場だと、個人的には思っている。
 
 最終予選で起こりうるだろう様々なシチュエーションを想定すれば、それに対応できるだけのいろんなタレントやオプションを持っておきたいと思うのは、監督としては当然だよね。だからこそ、ファーストチョイスに頭を悩ませるぐらいの選択肢を作るために、戦力の充実化を図ることが求められる。
 
 その準備期間が、今まさに戦っている2次予選という場だ。そこで指揮官はたくさんの選手にチャンスを与えて、選手たちもそのチャンスを掴み、モノにしていく。こうした好循環が、チームにとって一番の強化策になる。
 
 就任当初からハリルホジッチ監督は「世代交代」を求めて、多くの選手にチャンスを与え続けてきた。ジーコジャパンに次いで、すでに2番目に多い数の選手を呼んでいるみたいだ。こうした積極性の裏側には、最終予選を勝ち抜くためのオプション作りという意味合いがあるのだろう。
【関連記事】
【Jリーグ】森重真人、今野泰幸、レオ・シルバ。守備の要人たちが選んだ“2015年のベストプレーヤー”は?
【U-18日本代表】来春J加入の高校生ふたりを初招集。荒削りながらその将来性に期待大
【J1・J2移籍動向/42クラブを網羅】最新移籍リスト
【日本代表】一喜一憂せず、どこか飄々と――。柏木に宿りつつある“背番号7”らしさ
【日本代表】「合わなかった」酒井宏のクロス。不足する精度と連係を高め、かつての輝きを取り戻せるか?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズン最後の風物詩
    6月12日発売
    2023-2024
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    データ満載の完全保存版
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    6月20日発売
    EURO2024
    出場24か国
    選手名鑑
    最終確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ