• トップ
  • ニュース一覧
  • 所属チーム、定位置、ゴール、そしてW杯も失ったC・ロナウド。世界中のファンに見送られるはずだったスターは最後まで“俺様”だった

所属チーム、定位置、ゴール、そしてW杯も失ったC・ロナウド。世界中のファンに見送られるはずだったスターは最後まで“俺様”だった

カテゴリ:国際大会

エル・パイス紙

2022年12月17日

メッシとは明暗が分かれる形に

モロッコに敗れ、孤独にピッチを去ったC・ロナウド。(C)Getty Images

画像を見る

 モロッコ戦敗退後、クリスティアーノ・ロナウドを見て抱いたのは、ひょっとして彼は自分の中に潜むもう1人のC・ロナウドと一緒にアル・トゥマーマ・スタジアムのピッチを後にしていたのではないかということだ。それほど自分以外のことに関わりを持ちたくなかった様子だった。

 打ちひしがれたチームメイトを慰めることも、モロッコの選手を祝福することもなかった。失意のCR7は、CR7のために泣きながらドレッシングルームに引き揚げていった。

 その道中、常にエゴのメーターを最大スケール値に設定しているトッププレーヤーは、敗退以外のことも反芻していたはずだ。彼を苦しませていたのは、マンチェスター・ユナイテッドに居場所がなくなったこと。現在37歳で、再びワールドカップの舞台に立つのは難しいこと。控え選手としてその最後になるであろうカタール大会に別れを告げなければならなかったこと。ようはCR7を失ったことだったろう。

 サッカー史に宝石のような足跡を残した偉大な選手に相応しくない去り方だったのは間違いない。W杯通算ゴールは8にとどまり、9ゴールでポルトガル代表における記録保持者のエウゼビオ超えを果たすことはできなかった。
 
 W杯の決勝トーナメントでは無得点というジンクスを打ち破ることもできなかった。最大のライバル、リオネル・メッシがプレーするアルゼンチン代表は決勝に駒を進め、明暗が分かれる形となった。

 CR7が感情を発露した姿は、今世紀最高のスーパースターの1人の人間らしい一面を白日の下に晒した。ユベントスとマンチェスター・Uを続けてケンカ別れのような形で出て行ったように、カタールでの活躍を疑問視する声は当初から出ていた。

 結局のところ、キャリアの黄昏時に差し掛かっている自身の身体の声に耳を傾け、その現実を心の内に取り入れるという偉大なスポーツマンにとって最も難易度の高いゴールをクリスティアーノは決めることができなかった。天才的なプレーヤーであるCR7と、複雑に入り組んだサッカーは、もはや相容れることはなかった。

【画像】スタメン落ちでまさかの敗戦…試合後に号泣するC・ロナウド
【関連記事】
「正直、この1年で相当落ちた」鹿島FW鈴木優磨、W杯敗退で涙した“大好きな”C・ロナウドに言及「プレミアに行くとごまかしが利かない」
「相手を祝福すらしなかった」元独代表MFがC・ロナウドを痛烈批判!モロッコの選手たちと比較し…【W杯】
「今までの日本人にはいなかった」本田圭佑が絶賛した森保ジャパン戦士は?「群を抜いている」
「ビックリした」“海外サッカー通”の鈴木優磨がW杯で驚いた逸材は? 「めちゃくちゃいい選手。足速くて…」【W杯】
「マラドーナのような鬼気迫る姿」で目の覚めるプレーを連発するメッシ。古巣バルサの番記者は「モチベーション全開でプレーするのを久しく見ていなかった」【W杯】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ