• トップ
  • ニュース一覧
  • 「マラドーナのような鬼気迫る姿」で目の覚めるプレーを連発するメッシ。古巣バルサの番記者は「モチベーション全開でプレーするのを久しく見ていなかった」【W杯】

「マラドーナのような鬼気迫る姿」で目の覚めるプレーを連発するメッシ。古巣バルサの番記者は「モチベーション全開でプレーするのを久しく見ていなかった」【W杯】

カテゴリ:国際大会

エル・パイス紙

2022年12月17日

輝かしいキャリアを凝縮したかのようなパフォーマンス

感情を前面に出してアルゼンチンを牽引するメッシ。(C)Getty Images

画像を見る

 まさにリオネル・メッシの独壇場だった。バイタリティ溢れるメッシ、違和感を抱えるメッシ、セットプレーにおけるメッシ、止められないメッシ。“10番”は、カタールで普遍的なプレイヤーだ。

 アルビセレステ(アルゼンチン代表の愛称)のキャプテンの様々なバージョンがメモリアルな試合となったクロアチア戦で披露され、我々はその一つ一つを目の当たりにした。35年前にロサリオで生まれた最も偉大な選手による、その輝かしいキャリアを凝縮したかのようなパフォーマンスだった。

 歩きながら、周囲を観察し、確認する知的なメッシがいる。その一方で、パリ、マイアミ、バルセロナと来シーズンの所属先がどこになるにせよ、衰えの兆候が表面化し、キャリアの終わりが近づいていると警鐘を鳴らす声がある。試合中、時折手で脚を押さえては、苛立ちで顔をしかめ、体調が心配された。そんな中でも、リオネル・スカローニ監督は、2点のリードを奪った後も、交代を命じることはなかった。
 
 メッシは持ちこたえた。現役最後の試合云々を論じるどころか、今回のワールドカップが本当に最後になるのか疑わしくなるような目の覚めるプレーを見せ、懐疑論を一蹴した。

 今のメッシは、ベテランの知恵と若者の熱量が同居した選手だ。かつてないほど解放され、オーラ全開でリーダー、キャプテンとしてチームを牽引している。カタールでのアルゼンチン代表は、そのエースの自信と威厳が伝播し快進撃を続けているといっても過言ではない。

 ターニングポイントとなったのは、昨年のコパ・アメリカ制覇だ。その代表での無冠を返上した大会を境に、従来の天才的なプレーに不屈の闘志が加味された。まるでディエゴ・アルマンド・マラドーナからバトンを受け継いだかのようなその鬼気迫る姿は、今大会のどの試合でも、プレーにおいても態度においても見ることができる。

 クロアチア戦でのハイライトはやはり3点目をお膳立てしたプレーだ。大会最高のDFの呼び声高いヨシュコ・グバルディオルに1対1の勝負を挑み、心を揺さぶらせるリズムチェンジを駆使して、一旦相手を立ち止まらせてから突き放して、パスを送り込んだ。

 メッシのプレーは芸術的かつ献身的だった。2点ビハインドのクロアチアにはすでに諦めムードが漂っていた。しかも何度か太もも裏を気にする素振りを見せ、ここ数週間、ヒラメ筋を痛めているという憶測も流れていた。もちろんファンは決勝戦を前にして大エースを負傷で失いたくない。しかしその後、メッシはスカローニ監督と抱き合った。

【動画】キレキレのドリブル→巧みなターンで注目DFを翻弄したメッシが見事なアシスト
【関連記事】
「ビックリした」“海外サッカー通”の鈴木優磨がW杯で驚いた逸材は? 「めちゃくちゃいい選手。足速くて…」【W杯】
「今までの日本人にはいなかった」本田圭佑が絶賛した森保ジャパン戦士は?「群を抜いている」
「誰もあなたから奪えないものがある」メッシも思わず目がウルウル? 女性レポーターの言葉が大反響! ファンから感銘の声「涙が出る」【W杯】
【4年後の日本代表“理想イレブン”】鎌田はボランチがベスト。相棒はポテンシャルが随一の藤田。“左SB”相馬も面白い
「試合後に扇風機投げられて」金崎夢生が同僚の闘莉王と揉めた衝撃エピソードを告白!「やめろ、2人とも」と止めに入ったのは…

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ