【J1展望】2ndステージ・16節|柏‐FC東京|監督の有終の美、CS出場権を懸けた互いに譲れない戦い。「攻」の柏か「守」のFC東京か?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年11月06日

柏――指揮官の辞任決定でチームはさらに結束。攻撃陣の奮起に期待が懸かる。

故障者/柏=近藤 FC東京=圍、梶山、石川
出場停止/柏=輪湖 FC東京=なし

画像を見る

J1リーグ2ndステージ・16
柏レイソル – FC東京
11月7日(土)/14:00/日立柏サッカー場
 
柏レイソル
2ndステージ成績(15節終了時):6位 勝点26 8勝2分5敗 23得点・16失点
年間成績(32試合終了時):9位 勝点44 12勝8分12敗 45得点・41失点
 
 
【最新チーム事情】
●吉田監督が今季限りで退任。来季からミルトン・メンデス氏が指揮を執ることに。
●身体のケアと戦術的な練習を入念に積み、前節から開いた2週間を有意義に活用。
●前節の清水戦で柏の復帰後初ゴールを挙げた大津は依然として好調をキープ。
●キム・チャンスが韓国代表に選出される。
 
【担当記者の視点】
 10月28日、以前から新聞紙上で報道されていたとおり、吉田監督の今季限りの退任が正式に発表された。さらに30日にはブラジル人監督のミルトン・メンデス氏が来季から指揮を執ることも発表され、この2週間は監督人事が主なニュースとなった。
 
 ただ、このピッチ外の喧騒も、選手たちは「プロの世界ではよくあること」と冷静に受け止め、普段通りにトレーニングを行なった。むしろ、「吉田監督の有終の美を飾りたい」とチームは一体感が増した雰囲気がある。
 
  この1年、吉田監督の下で貫いてきた“ボールとスペースを支配するサッカー”の集大成として、堅守を誇るFC東京は絶好の相手だ。FC東京の堅い守りをボールを動かしながらどう崩していくかが、大きなポイントになる。
 
 幸い、前節の清水戦で柏復帰後初ゴールを決めた大津は変わらず好調を維持しており、エースの工藤も「勝って達磨さんを送り出したい」と高いモチベーションを見せている。今季15ゴール目を狙うクリスティアーノを含め、攻撃陣に期待がかかる。
【関連記事】
【J1採点&寸評】清水×柏|後手に回るも流れを変える牽引車がいない清水。柏はスコア以上の完勝
【J1採点&寸評】FC東京×浦和|前回の対戦と同じく浦和が圧巻の4ゴール。FC東京は自慢の堅守があっけなく崩壊して…
【柏】全治7か月の重傷を負った増嶋竜也 信頼寄せる理学療法士とのリハビリを乗り越え実戦復帰へ
【FC東京】「ない、ない」尽くしの完敗。「FC東京は“そういうサッカー”をしてきていない」(東)
【日本代表/編集長の視点】本田と宇佐美の選出は妥当なのか。代表の場に指定席はいらない

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ